hirax.net::ACIIアートの秘密::(1999.09.05)

ACIIアートの秘密  share on Tumblr 

画像をASCII文字に変換するソフトを作ろう

ASCII文字で描かれたモナリザを初めて見たのは、まだ大型コンピューターしかなかった頃だ。当時、記憶媒体の紙テープをパンチした紙くずと、ラインプリンタから出力されたASCIIアートで遊んでいた。
 今回ASCIIアートを用いていくつか実験をしてみたかったので、画像をASCII文字に変換するソフトウェアを探してみた。例えば、

といったサイトのリンクを辿ってみた。しかし、探し方が悪かったのだろうが欲しい機能を持つソフトウェア(フォントに応じたガンマテーブルを構成できること)が見つからなかった(情報をお持ちの方はここからでも私に教えていただけるとうれしい)。そこで、しょうがないから自分で作ってみることにした。必要は発明の母だ。というわけで、父は私。

 子どもである作成したソフトウェアは以下だ。もちろん、フリーウェアだ。ただし、いつものごとくアルファ版の中のアルファ版なので、再配布は禁止である。ここからいくらでもダウンロードできるので、構わないだろう。

 さて、このソフトウェアは画像をASCII文字に変換して表示・保存することができる。変換の仕方は、
  1. 白背景に黒文字
  2. 黒背景に白文字
  3. 白背景に色文字
  4. 黒背景に色文字
という4種類ある。また、変換したものを保存するにも、
  1. Windows Bitmap形式
  2. Text形式
  3. Html形式
の3種類がある。Text形式で保存する場合には「白背景に黒文字に変換するモード」で保存される。それ以外の保存形式であれば、どの変換モードでも大丈夫である。
 画像を読みこむには標準ではWindowsBitmapのみであるが、Susieプラグインを用いれば、色々な画像形式に対応することができる。

 使用手順は以下の通りだ。

  1. image2asciiを起動する。
  2. OpenFileボタンを押して、画像を読みこむ。
  3. Fontボタンを押して、フォントを選択する。(このソフトは使用するフォントの濃度カーブを計測し、正確な画像再現を狙うのだ!!)
  4. 画像変換モードを選択する。
  5. ImageToAsciiボタンを押して、変換を行う。
  6. 必要であれば、SaveFileボタンから適当な形式で保存を行う。
何より、使ってみるのが一番早いと思う。

 動作画面例は、例えば以下のようなものだ。

image2asciiで画像を白背景に黒文字に変換した画面

 
image2asciiで画像を黒背景に白文字に変換した画面
image2asciiで画像を黒背景に色文字に変換した画面

image2asciiで画像を白背景に色文字に変換した画面

Text形式で保存した場合のサンプルはこんな感じだ

Html形式で保存した場合のサンプルも示しておく。白黒文字への変換モードであればテキスト形式で保存するのが良いと思う。白黒文字の場合にスペースが変換画像中に含まれていると、画像ずれが生じてしまうからだ。これも簡単に直せるのであるが、直すのは次回にしておく。慣れないプログラミングを一気にしたせいで疲れてしまったのだ。もしすぐに使いたい方は、エディターで適当に置換すれば良いと思う。

 さてさて、このプログラムを作成した理由は、これを用いて実験を多々行ってみたいからなのである。キーワードは、デバイス、ガンマ、安定性、逆問題、色空間...である。というわけで、続きは次回に...

この記事と関係がある他の記事