hirax.net::小人閑居して...::(1999.01.19)

小人閑居して...  share on Tumblr 

情報をポケットに入れて持ち歩きたい

ラテン語入門(http://www.hiei.kit.ac.jp/~taro/latin.html)

The Internet DictionaryProject (http://www.june29.com//IDP/IDPsearch.html)

によれば、「学者=scholar」はギリシャ語の「スコレー」を語源にしているという。語源を素直に訳せば、「暇人」となる。その中で、真理のために学ぼうとする人を「スコレー」と呼ぶのだという。
 また、教育する=educateはラテン語でerudioであり、 「外に引き出す」を意味するという。生徒一人一人の中に潜んでいる才能を外に引き出す、というのが本来の意味であるという。なんとも、深い意味である。

 とは言っても、昔のギリシャ人とは私は違う。「小人閑居して...」、と言う通りである。そこで、反省のために、「暇な時には真理を学んでみる」ことにした。といっても、何かを覚えるというのは面倒くさいし、無意味でもあるので、ポケットに情報を入れて持ち歩くことにした。

 今回使う道具は

である。InterGetで自動巡回してダウンロードしたさまざまな情報をPalm-sizePCであるCASIOE-55の中に入れて持ち歩こうというわけである。CASIO E-55には30MBytesのCF(コンパクトフラッシュ)カードが挿してあるので、容量には結構余裕がある。

InterGetの動作画面

Palm-size PCの便利な点であるmobile channelを自分で作成してやれば、更新も自動化できてとても便利なのだが、CFカードの領域にchannelのファイルを作成するやり方が分からなかったので、ひとまずあきらめた。大切なRAM領域を食いつぶす訳にもいかないだろう。

毎日のmobile channnel

mobile channelを自分で簡単に作成するためのMobile Channel Wizard
http://www.microsoft.com/windowsce/downloads/pccompanions/mcwizard.asp
からダウンロードすることができる。いずれ自分用にチャンネルを作成してみたい。

 まず持ち歩いてみたい資料は、RICOH情報通信研究所 有志による
英語技術文献の日本語要約(http://www.ricoh.co.jp/rdc/ic/misc/abs_club/index.html)
が面白くて良い。ここから、

  • Science
  • Computer Vision and Image Understanding
  • Graphical Models and Image Processing
  • IEEE Multimedia
  • IEEE Software
  • IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence
といった雑誌のアブストラクトの和訳を読むことができる。有り難いことだ。まずは、Scienceでも持ち歩くことにする。
Scienceのアブストラクトを表示している。

 このボディーの中に1995-1999のScienceのアブストラクトが詰まっているのである。
 あと、ゲームも...

この記事と関係がある他の記事