hirax.net::ライトフィールドカメラを「巨乳ビジョン」にしてみよう!?::(2012.04.21)

ライトフィールドカメラを「巨乳ビジョン」にしてみよう!?  share on Tumblr 

これがホントの巨乳ビジョン「ライト(ロ)」

 ちょうど十年前、「ステレオ写真で巨乳ビジョン」と「(陰影情報をもとに、バスト形状を再現するという)巨乳ビジョンLight」というものを作りました。地球に迫り来るオッパイ星人の魔の手から、「(オッパイ星人に狙われそうな)可哀相な子羊たち(巨乳)」をいち早く見つけだし助け出すために、そんな秘密兵器を作り上げたのです。

 

 最近、米国のベンチャー企業LYTROから、光照射野(Light Field)技術を使ったカメラが発売されました。

 Lytroカメラは、光照射野センサーによって、光線の色や明暗度、方向といった被写体のすべての光線情報を記録し、後から自由にピントの合う場所を変更できる。

Lytro、ピント合わせ不要のカメラを米国で発売、399ドルから

 このライト・フィールド・カメラ LYTROは、撮影後に画像処理によって「カメラから(被写体として映っている)各部分の距離(Depth)推定」も行っています。ということは、LYTROを使うと、撮影した写真に写っている被写体の「三次元形状」を復元できる、というわけです。(Lytro リフォーカス・カメラの「写真」の色情報・深度情報を立体的に眺めてみる!?

 つまり、LYTROを使いこなせば、「目に映ったバストの大きさ・形状を即座に把握し、(オッパイ星人から救うべき)子羊(巨乳)」を見つけ出す「巨乳ビジョン」にもなる、というわけです。

 そこで、まずは(LYTROでありがちな典型的構図ですが)左おっぱいナメの右バストを撮影してみました。

ナメる:映像用語で前景越しに、主たるものを撮影すること。たとえば、人が2人向き合っているとき、片方の人(Aさん)の肩越しに、もう1人(Bさん)の顔を撮影する場合に「Aさんの肩ナメの、Bさんアップ」などと表現する。…決して肩を舌で舐めたりするわけではない。
 下に貼り付けた「写真」は、好きな部分をマウス・クリックすれば、その部分(その部分と同じ距離情報を持つ部分)にピントを合わせつつ、それ以外の部分をボカすことができます。(これは、撮影後に画像処理により、各部分の距離推定が行われているからこそ可能な処理です)

 そこで、この撮影画像からオッパイ可視化、すなわち、巨乳ビジョン画像を作り出し、三次元空間でグルグルまるっと動かしてみたのが下の動画です(使ったソフトウェアはこちらです)。可愛いピンクのハートマークがちりばめられた(100円ショップで購入した合計 200円ナリの)オッパイ・カップ、巨乳ビジョンの推定によればサイズはEカップのオッパイが、立体的に捉えることができているのです!

 というわけで、ライトフィールドカメラLYTROを「巨乳ビジョン」にした上で、足を棒にして街をさまよい写した 「巨乳美女(しかもヌード!)」がこの映像です。ヌーディストな2人の美女たちの、(ちょっとお腹が太り気味のような気もしますが)形良い巨乳を三次元空間に映し、色んな角度から眺めて「形状」確認をしてみました。

 十年前から(もうライフワークのように)開発し続けている「巨乳ビジョン」…完成する日は近い!?

ライトフィールドカメラを「巨乳ビジョン」にしてみよう!?






この記事と関係がある他の記事