hirax.net::Pandora's box::(2000.11.09)

Pandora's box  share on Tumblr 

hope

 結合双子の分離手術の結果、結合双子のもう一人が亡くなった。主要な器官が一つしかなったのだから、それは苦渋の選択の結果だ。

 結合双子手術を考える時、野田秀樹・萩尾望都・ブラッドベリの「半神」を思い出さざるを得ない。「半神」のラストシーンは考えてみれば、パンドラの箱を強く示唆するものだった。「半神」の中でのパンドラの箱、すなわち「一つの棺」からは色々な化け物が生まれ、そして最後に「孤独」だけが残った。

 ところで、浦島太郎の玉手箱も同じくパンドラの箱と同じく、開けてはならないと言われた箱だ。「再会をしたいならば、決して開けるな」と言われ渡された玉手箱は「孤独」の中で開けられてしまう。箱が開けられた後は一瞬で時が流れ、そして人は消えていく。

 同じように、シュレディンガーの猫が入っている箱は、パンドラの箱でありそしてまた浦島太郎の玉手箱でもある。箱を開けない限りは、その中に何があるのかは決まらない。「棺」を開けてみて初めて、「棺」の中に何が入っているのかが決まる。箱を開けなければ、猫は生死の二つの存在のままである。シュレディンガーの箱に入っているものは、「箱を開けてみるまでは未来どころか現在のことすら決まらない」ということだけだ。

 結局、パンドラの箱の中に残ったものは「開けてみなければ、何が起こるかは判らない」という単純なことだけだ。判らないからこそ「希望」なのだ。結局のところ、それは掌の中の答えと同じだ。
 

この記事と関係がある他の記事