hirax.net::inside out::11月20日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2019年10月 を読む << 2019年11月 を読む >> 2019年12月 を読む

2000-11-20[n年前へ]

FinePix4700zの動画ファイル 

リンク

今日の景色と今日の音 

 というわけで、今日の景色と今日の音。車の外の雨音が良い感じ。(リンク)(リンク

2001-11-20[n年前へ]

火曜日に見た踏み切り 

 御殿場線。(リンク

2002-11-20[n年前へ]

道端に咲いている花 

 道端で咲いていた黄色い花と、綿でまん丸になっている白いタンポポです。道端のアスファルトと土の境や、コンクリートの割れ目が私は大好きなので、妙にこんな花が気になるのでした。
 「そういうのを撮影できる環境と、気持ちの余裕があるのがとってもうらやましいです。」と小さな子から大人びたメール。ホントに周りの自然は綺麗だと思います。富士山と駿河湾を眺める箱根の中腹ですからね。気持ちの余裕の方はさてどうでしょうか。とりあえず、気持ちの余裕が無いときもある時も綺麗な景色は綺麗な景色、です。とりあえず、気持ち、はタダですしね。

道端に咲いている花道端に咲いている花






大林宣彦の眺める亀井静香 

 大林宣彦に取材したとき、彼はこんなことを言っていたそうだ。「亀井静香を新幹線のホームで見かけた。亀井静香は新幹線のホームの一番先に一人で立っていたそうだ。しかも、寂しそうにぼんやりと景色を眺めていた亀井静香が少年のように大林宣彦には見えた」というのである。面白い話だなぁ。亀井静香が少年だもんなぁ。私なら「なるほど、亀井静香は鉄分が濃いのだな」と思ってしまうところだが。
 そういえば、死刑廃止議員連盟の会長は彼なんだよなぁ。ちょっと面白い。

全国方言コンバータ 

 ゼンコクホウゲンコンバータ。Ricohは面白い会社だよなぁ。

MovableTypeをtDiary風に 

今日のなんでMovableTypeやねん。面白いです。きっとこのデザインだったら、「新しい何か」とは言わなかったに違いないのである。

仏の道に進むなら 

 yuco.tdiary.netを読んでいて知った現代の説話のようなニュース。「逃亡中に僧侶になろうと通い詰めていた」その頃の話も知りたいところ。ともあれ、「ただいま帰ってきました」という日も近いに違いない。

2003-11-20[n年前へ]

続・桜雷さんの特許申請の話 

 さて、桜雷さんの特許申請の話ですが特許申請のクレイム(請求項)がどんなものか見てみたい、と思う方もいるかもしれませんので、ここに挙げておきます。まず、JPの方ですが特開2001-216513が次のようになります。

請求項1 光学的読みとり手段などによって得られた画像データの各画素から取得した値から、その値を得るために必要とした露光量を計算式LogEn=10∧(D*3.0−2)(LogEnは露光量、Dはデータの値)によって求めその値を、用意した露光量を任意の絞りの形のパターンデータの面積で割った値を、他の画素のデータから同じように求めた露光量の値と重なり合う部分を加算し、その露光量の値を計算式Data=(Log(R)/Log(10)+2)/3(Rは加算された露光量、Dataは結果として得られるデータ)によって求められた結果を画像データとして出力する機能を持つことを特徴とする装置、またはその方法によって処理を行うプログラムを記憶された媒体及び装置。
 請求の範囲はこの請求項1のみで、なおかつその中で定数を使ってしまっているという狭い範囲の請求になっています。また、特許審査の状態は審査請求が未請求という状態です。つまり、そもそも特許審査が行われる前の状態(審査の実施を要求してすらいない)なわけです。この状態で(未だ手に入れていない)権利を行使しようとするのはとても不思議な印象を受けます。

 また、USPのクレイムは今のところこのようになっていて、計算手順の一例を書いてあるというようなクレイムなのですが、まずは"logarithmic scale"に限定されています。また、このクレイムであると少なくとも先に挙げたSIGRAPHでの発表論文が公知資料になると思われます。ちなみに、こちらは"Case Docketed to Examiner in GAU"という状態です。

続々・桜雷さんの特許申請の話 - 二通目のメール - 

 人に書くメールというものはやはり丁寧に書きたいので、桜雷さんへの返事は日曜日にでも書くつもりですが、先に今朝届いた二通目のメールで述べられていた内容の概略を紹介しておきます。

(2003.11.22追記)
「私信として送ったメールなので、公開するのは止めて欲しい」と桜雷さんからの要望を頂きました。とりあえず、できるだけ文脈を保持しつつメールの元の文章は削除しておこうと思います。なお、削除作業以前の以前の文章も記録として別途保存してあります。

二通目のメールの概略現在、該当する特許申請については申請中であるため、公開停止を求める通知を取り消す。もし特許の申請が通れば、申請日までさかのぼり問題となる。別のアルゴリズムによる同機能のソフトを開発する場合には問題はない。

 とりあえず、特許の仕組みに対する認識が前回のメールからは変わられたようで何よりです。ところで、以前に質問メールを頂いたときに、
> hirax.netに「ご理解いただけましたら、私が同じ原理で特許を出している旨を> 掲示していただけたらと思います」ということを目立つように書いた場合には、> 異議申し立てをする会社や人が現れる可能性が高くなると思います。> なので、それは必ずしも桜雷さんに対して良い方向に向かうとは限らない> です。これは桜雷さんの好きな選択を尊重したいと思います。
と書いて、桜雷さんにとって望ましい選択を尊重したいと考えました。そして、「面倒なことになるのは避けたい」「そのままにしておいて欲しい」という希望に添いたいと考えました。

 それに加えて、「広くソフトが人に渡って安価で標準的に使えるようにしたい」「個人で作っている物には文句をつけない」という言葉があったことで、「桜雷さんの好きな選択を尊重したい」とお返事を書きました。請求項が狭いので特にその特許が何かの妨げにはならない、と判断したこともあります。

 とはいえ、前回のメールのような対応はあまり歓迎できるものではないので、とりあえず今回は公知資料を集めて特許庁への資料提供を行うつもりでいます。そんなわけで、公知資料提供を引き続き募集しております。また、あまりこの手の話を書くのもつまらないことですから、この記事を書くのもこれで終了したいと思っています。もちろん経過の報告は逐次させて頂きますが、「IrisFilterの特許とは? 」なんていうスレッドもできているようですし、この場では何か他のもっと楽しい話題でも書いていきたいと思います。

 個人的には、桜雷さんが今回のような対応をせずにこれからもただ良い製品を作っていかれることを期待しています。

(2003.11.21補足) 下記のメールを桜雷さんに返事として出させて頂いたことを報告しておきます。
(前記の理由により、なるべく文脈を保持しつつ桜雷さんからのメールの元文章は削除してあります)
 お久しぶりです。平林@hirax.netです。お問い合わせを頂いた件からまず先に回答させて頂きます。また、以前メールを頂いたときの記録が桜雷さんの手元に残っていないということなので、以前の返事と重なる部分はそのメールをなるべく引用しながらお答えさせて頂きます。> http://www.hirax.net/dekirukana5/bokeboke1/index.html> http://www.hirax.net/dekirukana6/rin/index.html> > は当方の出願中の特許に重なるもだと思います。> 日本とアメリカで申請中(アメリカは現在審査中)です。> アメリカの方は日本の申請のものを基本に、範囲を広げて申請しています。(中略)> これらの特許に抵触しないと確信された上でソフトの公開をされているのでし> ょうか、お考えをお聞かせください。 JP(日本特許)に関しては請求項に規定されているような対数変換の式は使っておらず、(仮に特許が成立したとしても)特許には抵触しないように配慮してあります。そのため、> 当方としましては、これにあたるものだと判断していますので、という判断の具体的な理由を参考までにお聞かせ頂ければ幸いです。> また、これらの記事を見て私の出願を知らずにこのアルゴリズムでソフトを作> っている人もでてきていますので、もしアルゴリズムに関する記事を公開され> る場合には、当方が特許を申請中であることを明記してください。 桜雷さんが特許を申請中であるということは、以前桜雷さんが「同じ原理で特許を出している旨を掲示して欲しい」という同様の要望を書かれてきた際に、その後「よくページを読むと特許の記述も書いてあった」とご自身でご確認されているようにこの記事を書いた時点から記載しておりますので、この点については再度よく確認頂きたいと思います。 さて、ここから先は以前メールでお知らせした事項と重なる部分も多いですが、桜雷さんの参考にもなると思いますので、若干書かせて頂きます。 最初に桜雷さんから頂いたメールは「画像処理ソフトで、自然対数を使う数式を使ってピンボケを作り出すソフトやアルゴリズムが存在したか教えて欲しい」というという内容のお問い合わせでした。それに対して、>  さて、特開2001−216513をざっと眺めてみました。> 処理の流れは、画像データに対して、>1.コンボリューションを行う(ただし限られたコンボリューションカーネルを用いる)> 2.その際特許内で示された非線形変換を行う> という感じでしょうか。>  特許という観点で見ると、> 1、2ともに公知の技術であって、その組み合わせ自体もおそらく画像処理関連の> 学会誌・レポートなどを探れば、通常の写真・レンズの研究の一環で既に発表されて> いそうなので、公知資料があるのではないか、と思います。> > ただし、公開された特許に対して、審査が通り、また、どこからか異議申し立て>が無ければ、特許は通るかもしれません。> > 計算上は上記、1,2の組み合わせのソフトは結構ありそうですが、特許に書いてある> 式ずばりそのものを使ったものは無いかもしれません。>  ただし、それは同時に特許の請求範囲が狭い(請求項に書かれている式に限定されて> いるので)ということも意味します。この特許の式を使わなければ良いわけで、特許が> 成立しても特許から逃げやすいかもしれません。と簡単に書きました。公知資料の方は例えば特開平8-241407 「画像処理システムの特許」SIGGRAPH97 Recovering High Dynamic Range Radience Maps from Photographなどの一例を挙げるに留めますが、このような画像をぼんやりさせる効果のために「非線形ガンマ変換→畳み込み→ガンマ逆変換」を行ったり、あるいは種々のボケ画像形成のために「フィルム特性を再現する変換カーブ→畳み込み→フィルム特性逆変換カーブ」を行う例を挙げている公知資料が見つかります。そのため、特許の新規性という点において、このような公知資料などと比較した上で、特許審査を通過するかどうかは若干の疑問があります。 また、上に書いたようにJPの請求項はそもそも規定範囲が非常に狭く特許回避は容易で、現実には他社技術の抑止力にはなりえないと思います。当然、請求項からすると「アルゴリズム」というような上位概念による抽象化は欠けており、そもそもアルゴリズムを規定する特許にはなりえていないように思えます。 この感想に対しては、前回桜雷さんも「請求項に式を書いてしまっているのは気になっている」「日本のは細かすぎたかもしれない」というような感想を書かれていましたから、同じご理解はされていたことと思います。また、同様の機能を有するソフトの作者の方々もおそらく「請求項に規定されている式は使っていない」と答える方が多いだろう、と思います。それだけ、規定範囲が非常に狭い特許申請になってしまっています。 また、USPの方ももし仮に通過したにせよ、現在のClaimであれば特許回避は非常に容易で、具体的な話は省きますが、他の類似のソフトも現状ですらほとんどがそのClaimを回避しているだろう、と考えます。 そのように、以前お話を伺ったときには、特許審査通過の可能性およびその実抑止力には疑問を感じましたが、とりあえずの感想としては>  ところで、私自身は特許はあまり好きではないです。といっても、「個人としては」ですけど。> それに、特許を申請する桜雷さんの考えも良く理解できます。> >  で、例えば実はワタシの手元にはIrisFilterと同様の機能を持つ自作Photoshop用のプラグインが> あります。こちらは従来からあるアルゴリズム組み合わせたものですが、私がどうしても> 欲しかった16bitモード対応、距離チャンネル対応(最新のバージョンではIrisFilterでも> 対応されたようですが)、そしてAdobeの通常のプラグインインターフェース、という> ものを備えたものです。あくまで、趣味で作成しているものですが自分で好きなようにできるので> 自分用にはなかなか良いです。で、こうした個人作成のソフトはインターネットに満ちあふれています。> そんな個人で作成してインターネットにあふれているソフトがさまざまな特許などで、出しづらい> 雰囲気を近年ひしひしと感じます。そんな雰囲気がそれほど好きでないのもまた確かです。 > それで、少し知りたいのですが、私は自分で作ったプラグインなどもいつもそうしているように>何かの話のネタを作って、ソフト自体はフリーで配布すると思います。で、私以外にも>自分で画像処理やプログラミングをしている人は多いので、そんなこともあるだろう、と>思いますが、そういうときに桜雷さんはどうされるつもりでしょうか?>  とはいえ、繰り返し書きますが、IrisFilterを拝見して、非常に面白く要望の高そうな> ソフトだなぁ、うれしく思いました。これからも、楽しみにさせて頂きます。 とメールで書かせて頂きました。それに対して桜雷さんの「特許を出したのは自分の研究が報われる部分が欲しいから」「自分や一部企業が独占して人が使えないような状態は望まない」「広く人に渡って安価で標準的に使えるように活動していきたい」「個人で作っている物に文句をつけても仕方ない」というような内容のお答えを頂き、「自分や一部企業が独占して人が使えないような状態は望んでいない」というお言葉と「いちいち個人で作っている物に文句をつけても仕方ない」というご判断を聞かせて頂き、納得しておりました。ですから、hirax.netで桜雷さんの特許申請についてさらに詳しく言及するかなどについては> > 目立つように書いた場合には、異議申し立てをする会社や人が現れる可能性が> > 高くなると思います。なので、それは必ずしも桜雷さんに対して良い方向に向かう> > とは限らないです。これは桜雷さんの好きな選択を尊重したいと思います。と、桜雷さんの希望を尊重することにし、「ややこしくなるのは避けたいのでそのままにしておいてほしい」という桜雷さんの判断をもとに、それ以降申請特許件には触れず、またなんのアクションもとらずにいました。 そういう桜雷さんからのご相談に乗っていた経緯で私自身は納得していたため、前回のメールのような> ソフトの公開を停止、回収されない場合には、ライセンス料の請求や法的な措置に出る考え> でおります。という対応には実に困惑を感じざるをえません。このようなことをされる予定であるならば、そもそも指摘の請求項には抵触していないので無関係である特許申請だと考えてはおりますが、そのような行為が私自身に及ぶことを防ぐために、特許庁への第三者による資料提供の制度に基づいて、公知資料の特許庁へ情報提供を行わせて頂こうと考えています。本当に、以前の桜雷さんのメールで書かれていた内容と今回の対応の違いは誠に残念でなりません。 また、多くの技術者は自らの特許申請・他社技術調査及び特許回避・あるいは異議申し立てなどを日常的に行っており、特許にいやでも慣れ親しんでいることが多い、ということはここに書き加えておきたいと思います。ですから、おそらく技術者以外の方が想像するよりも一般的に技術者は他者の特許を意識・尊重していることが多い、ということはぜひ理解しておいて頂きたいと思います。 最後になりますが、桜雷さんの特許申請というものは、後から他社から訴えられることを防止し、自分の技術の使用を保証するために、単に公開目的で使用するには有効であると思いますので、そのように活用されることを望んでいます。また、個人的には桜雷さんが良い製品をこれからも提供されていくことを願っております。 それでは、長文になりましたが、失礼させて頂ます。jun hirabayashi jun@hirax.net

先入観パート1 

 どうも私と直接の面識が無い人(特に女性)は私のことを「よっぽどおっぱいが好きな人なんだろうなあ」と思っている方が多いようです。私はオッパイ星人と戦ってはいますが、決してオッパイ星人ではありません。貧乳じゃなかった微乳の方がむしろ好きと言っても良いくらいです。
 それに加えて、ウェストポーチをしていてちょっと小太りだったらどうしようかと思っていた(by 近藤れ)、なんていうことも言われます。心外です。みなさん、そう思っているのでしょうか…。あなたもそうだったのでしょうか? > 誰へともなく私と会ったことのある人。 …えっ?「ジャパン・プラットフォームの大西健丞さん」似だと予想していたですって…? そーですか…。

京都で色々 

 昨晩は深夜一時過ぎまではてな近藤さん宅で凄まじいばかりのご馳走(なんやーこんなご馳走食ってええんかー!?という壇上さんのはしゃぎぶりがナイスだ)を食べつつ、密度の高い色んな話題に興じた(ような気がする)。あー、あの若さはうらやましーぞー。
 そういえば、偶然にも明後日私と近藤氏の担当教授の講演があるということを立て看板で知った。秋山仁と並んでいるところが少しばかり不思議になるけれど、時間の都合がつけば挨拶しに行ってみようかな。

マシンルーム内のサーバコンピュータを移動するのですが、風水的な見地から移動方向配置にアドバイスを… 

 というはてなの質問。なかなかセンスがグッドです。

2004-11-20[n年前へ]

沼津千本浜 


沼津千本浜沼津千本浜沼津千本浜沼津千本浜沼津千本浜沼津千本浜沼津千本浜






東京国際自転車展 

 東京国際自転車展. 明日まで。
2004トップ 2004東京国際自転車展 東京サイクルショー

2005-11-20[n年前へ]

「WEBコンテンツの変化」と「悪は滅びる」 

平林 純@「hirax.net」の科学と技術と男と女/Tech総研 Tech総研ブログ 平林 純@「hirax.net」の科学と技術と男と女「WEBコンテンツの変化」と「悪は滅びる」- 「コメント付きソーシャル・ブックマークの時代」- を書きました。今回は、ずいぶんと長い文章になってしまいました。とはいえ、挿絵?も入れたので、なんとか読みやすくなっていることを祈るばかりです。
 参考用に、下に各節の冒頭を書いておきます。興味が出た方は、読んで頂ければ幸いです。
 もちろん、(全ての記事に当てはまることですが)今回も「単なる個人としての私」が書いている、そんな記事です。「WEBコンテンツの変化」と「悪は滅びる」というタイトルの、とりとめもない話です。

■「個人の"ホームページ"の時代」  私が「インターネット」を眺めるようになったのは…■「WEB日記の時代」 その直後、おそらく1998年頃から…■「掲示板の時代」  そして、またしばらくして…■「ニュースサイトの時代」   そして、次の時代は…■「ブログの時代」  そして次の時代は…■「コメント付きソーシャル・ブックマークの時代」 ところで、最近は…■「悪は滅びる」 最近、その…
「何かが"悪"かどうかは、それが続くかどうかを眺めていればわかる」と(根拠も無く曖昧に)思っていたり、「何か価値あるものは、滅びずに残っていって欲しい」「何か価値があると思うことであれば、それを続けて欲しい」と期待を込めて…

北千住・首都高速 

北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速北千住・首都高速






「貧乳の感度の科学」 

 平凡な主婦ともこが、恋愛・セックス・夫婦・子ども について真面目に考えるブログ「純愛人妻日記」の「貧乳は感度がいいのか」を科学!?で調べる、という話。

胸が小さいほど、「乳首係数」が大きくなります。この「乳首係数」が大きければ大きいほど、胸へのタッチの時に、性感帯が集中している乳首へ触れる機会が多くなる。

「朝日新聞 "be on Sunday"」と「自分の肩書き」 

asahi.com :Wonder in life - be on Sunday 先日の取材が、本日の朝日新聞"be on Sunday" 1面の片隅に登場しているようです。

 それにしても、こういう機会があるたび…、肩書きを考えるのに苦労します…。そして、(自分ではとても名乗る気にはなれない)肩書きが増えていきます。エンジニアとか…、今回のとか…、とてもそんな風に名乗れないですから。肩書きなんかいらない世界なら…楽なんですけれど、ね。

2008-11-20[n年前へ]

DSサイズの水彩画セット 

 文房具屋で「DSサイズの水彩画セット」を見つけ、思わず買ってしまった。実際には、任天堂のDSよりもっと小さくて、ずっと昔に流行った「ゲームウォッチ」とほぼ同じサイズの、筆記用具入れの中に、さらにケースごと入ってしまうほどに小さな「水彩画セット」だ。

 初めてカメラを手にした時には、誰もが景色をとても新鮮に眺めるようになる。目の前にある小さなもの一つ一つに興味を感じてしまうように思う。

 それと同じように、・・・もしかしたら、それ以上に「お絵かきセット」を手にすると、目の前の景色をとても新鮮に眺めるようになる気がする。目の前を通り過ぎていく人、振り返った時に見える街、前にある道・・・そんな色んなものがとても不思議に見えてくる。どういう風に世界が見えているのか、どういう風に筆を動かせば、一体全体、その世界を手元に再現することができるのだろうか、と不思議な気持ちにおそわれる。

 と、頭で考えるだけでは答えが出てこないので、とりあえずいつも持ち歩いて、目の前のものを描いてみることにする。


ターレンスプチカラー12色水筆入り

DSサイズの水彩画セットDSサイズの水彩画セットお絵かき






2009-11-20[n年前へ]

誰もが同じように間違える「典型的な間違い」には「原因」がある 

 以前書いたように、(下に動画として張り付けた)「論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意 (サイエンス・アイ新書) 」(ちなみに、「正しい事実+正しい論理=わかりやすい話」というのは、理系にありがちな“正しいけれど”“間違った勘違いだと私は考えています。だから、本書のタイトルは少し誤解を与えるかもしれない、と思っています)を書いた理由は2つあって、ひとつは以前書いた本の適切でない部分を直したかったことです。そして、もうひとつは、あまりにも、誰もが同じように間違える「典型的な間違い」が多いことに驚かされたからです。

 そして、そのことを奇妙に感じ、その誰もが同じように間違える「典型的な間違い」を調べてみると、やはり当然のごとく「原因」があるんだ、ということがわかりました。ひとことで言ってしまえば、それらの多くは「ツールのデフォルト設定」でした。わかりにくい資料を作った人が悪いわけではなくて、ツールのデフォルト設定が、自然とそういったわかりにくい資料を生み出す仕組みになっていたわけです。



 やはり、誰もが同じように間違える「典型的な間違い」が多い、という「結果」があるからには、それを生み出す当然の「原因」があった、という「わかりやすい自然な因果関係」があったのです。そんな間違いを生み出す「わかりやすい必然性」があったのです。

 といっても、これは(これまでに出た)PowerPoint と Excel という道具を調べた限りでの話です。次に出る、PowerPoint2010では、その「同じように間違いを起こさせるツールのデフォルト設定」がどのようになっているか、に興味があります。というわけで、パブリックベータでその辺りを確認してみよう、と思っているところです。

2011-11-20[n年前へ]

世界で一番「”実用的”な賽銭(さいせん)箱」を見よ!? 

 神さま仏さまに祈り・感謝のために、お金を入れる箱を「お賽銭(さいせん)箱」と呼びます。私がこれまで見た中で一番「実務的で・飾らない・実にフランクな」お賽銭箱が、下の写真です。タイはチェンマイで眺めた、「肥えてパンパンに膨れた腹を抱える仏さま」の前には(どう見ても金庫にしか見えない)お賽銭箱が鎮座している…という実に素敵でロハスな景色です。

 ちなみに、この機能最優先の賽銭箱を持つ「メタボなお腹の仏さま」の隣には、ゴロリと横になっている仏さまもいらっしゃいます。そして、その横にる仏さまの前には、やはり、飾らず・機能的かつ実用的な「金庫」ならぬ「賽銭箱」が置かれています。

 これが「世界で一番の実用的な賽銭(さいせん)箱」です。あっけらかんとしたシンプルさが…何だか、とても素敵で魅力的に感じます。

twitter から

世界で一番「”実用的”な賽銭(さいせん)箱」を見よ!?世界で一番「”実用的”な賽銭(さいせん)箱」を見よ!?世界で一番「”実用的”な賽銭(さいせん)箱」を見よ!?






2012-11-20[n年前へ]

Wondernotes記事ピックアップ(2011.11~2012.11) 

 1年くらい前から、週刊から隔週くらいのペースで「Wondernotes」に記事を書いてきました。というわけで、1年間に書いた中から、いくつかをピックアップしてみました。自サイトで書くものとは、少しだけ趣が違うような・けれどほとんど変わらないような…そんな十数個の記事をピックアップしてみました。

■「ミニスカ・スリーサイズ・メガネ女子」の秘密:

■「マンガ」の秘密:

「決まり」の秘密:

■「信号機」の秘密:

■「商品」の秘密:

■「時代」「TV」の秘密: