hirax.net::Keywords::「インク」のブログ



2012-01-09[n年前へ]

「ボールペン芯中に空気層が生じる」のは「インク付着力と消費量」が決めている!?  share on Tumblr 

 ボールペンを使っていると、(たとえば、右の写真のように)芯のインク中に空気が入ってしまい「まだインクがあるのに、字が書けなくなっちゃったよ〜」ということが起きたりします。 ボールペンをシャカシャカと紙の上で走らせてみても、ただペン先のボールが空回りするだけで、紙の上には「何も描かれない」のです。

 ところで、よくよく考えてみれば、この「ボールペン芯の中に空気が入る」という状況はちょっと不思議です。 「インク層に挟まれた透明層は、実は正真正銘”真空”だった!」なんていうことは、あるわけはありません(また、インクの中の何らかの物質が気化したものだ、と考えるのも、組成的に少し不自然です)。インク芯中に、なぜいきなり空気層が生じるのでしょうか?

 私が考える「発生過程」は右のようになります。 まず、ボールペンを使い、ペン先でインクが使われると、「(右の②のような)ペン芯では外壁にインクが張り付いたまま・中のインクが少なくなった」状態になります。 それは、外から見れば、まるでインクは足りているように見えるけれど、実は中にはインクで無く空気層が押し寄せている、という具合です。 そして、芯外壁に張り付いたままのインクが(いつしか)くっついてしまうことで(③〜④)、最終的に「インク芯中に(あたかも)いきなり空気層が生じたようになる」のではないか、と考えているのです。

 つまり、「インク芯の外壁とインク間の付着力とインクの粘性と、ボールペンの使用状況」にしたがって、「ボールペン芯の中に空気が入る」という現象は生じるのではないか、と思うのです。

 こういった現象は、ボールペンで(急に)たくさんのインクを消費すると、つまり(いきなり)たくさんの文字を書くと生じやすそうな気がします。 インクが急激に消費されると、インク外壁にインクが張り付いたまま、たくさん残りそうに思えます。

 そこで、ためしに、ボールペンでラクガキをひたすらして、10分あまりでインクを使い果たして見ると、やはり「芯外壁にインクがたくさんへばりついて残ったまま」になりました。 つまり、「ボールペン芯の中に空気が入る」と同じように、「使うことができないインクがたくさん残ってしまった状態」です。 私の経験上は、ボールペンを(いきなり)たくさん使うと、こういった芯外壁にインクが張り付いたままの状態になりやすいように思います。

 ボールペンをよく使う人は、「(自分が)どの程度ボールペンを使うか」という使用頻度と、「インクの粘性・インク・プラスチック間の付着力」を気にしてみると良いかもしれません。そして、「ボールペン芯中に空気層が生じる」過程が果たして(本当のところ)一体どのようなものか調べてみると、面白いかも!?

「ボールペン芯の中に空気が入る」ように見える理由「ボールペン芯の中に空気が入る」ように見える理由「ボールペン芯の中に空気が入る」ように見える理由「ボールペン芯の中に空気が入る」ように見える理由






2012-01-27[n年前へ]

アメコミ・ヒーローの「色使いのヒミツ」を調査せよ!  share on Tumblr 

「学生の可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ(Wonder Notes)」に「アメコミ・ヒーローの「色使いのヒミツ」を調査せよ!」を書きました。記事後半で紹介した「色指定用のカラー・チャート」や「スーパーマンの色付け作業原稿」は、意外に面白く・興味深く感じられるのではないか、と思います。

右に貼り付けたのが、かつて使われていた「64色のカラーチャート」です。色あせ・変色してしまっていますが、この64色がアメコミの主要登場人物たちを特徴付けていた、ヒーローたちを彩り・作り上げた基本色なのです。

2012-09-19[n年前へ]

「君は鉄分100パーセント」  share on Tumblr 

 「n年前へ」から。『染料インクで白い「鉄道花(ヒメジョン)」をカラフルに染めてみよう?

 初夏から晩秋にかけて、小さな白い花を咲かすヒメジョオンは、線路沿いに咲きそろうことも多く「鉄道草」と呼ばれたこともあるといいます。鉄道大好きな「鉄子=”鉄っちゃん”な女性」が身近にいたなら、鉄道花で作り上げた”お手製”カラフル・ブーケ(花束)を作り…手渡してみるのも良いかもしれません。

鉄道花の花言葉:「君は鉄分100パーセント」



2014-03-30[n年前へ]

プリンタのインク代を安くしたいならヒラギノ明朝でなくてMS 明朝を使うべき!?  share on Tumblr 

 「プリンタのインク代を安くしたいならヒラギノ明朝でなくてMS 明朝を使うべき!?」を書きました。(記事アップ時には、画素数のカウント方法を間違えて、正反対の結論になっていました <(_ _)>)

 ”MS 明朝(オレンジ色)”は比較的インク使用量が少なく、”ヒラギノ明朝(緑色)”と”小塚明朝(青色)”はほぼ同じで(MS 明朝より)インク使用量が若干多い、ということがわかります。…というわけで、プリンタのインク代を安くしたいなら”ヒラギノ明朝”や”小塚明朝”でなく”MS 明朝”を使うとトクする可能性が高そうです。

プリンタのインク代を安くしたいならプリンタのインク代を安くしたいならヒラギノ明朝でなくてMS 明朝を使うべき!? 






2015-11-07[n年前へ]

「クレジットカード約款」や「インク変更」とか「傾斜マンション」とか  share on Tumblr 

 クレジットカード手続き書類の重要項目欄が極小文字で印刷されてる。高さで0.7ミリくらい、ホチキスの針の先より少し大きい程度。20cmの距離から眺めたとすると、計算すると、(文字を24×24で表現すると)視力2.0が必須という計算に。

3:09 PM - 8 Nov 2015

 横浜の傾斜マンションは10~12階建てで、建物間で2cmができたという。段差ができたのが高さ20〜30メートルくらいの地点とすると、建物の傾斜は2度強というところだろうか。…あれ?ピサの斜塔が4度くらいというのと比べると結構大きい?

6:22 PM - 3 Nov 2015

 不思議なことが起きている。ボールペン、パイロット ハイテックCコレトの黒インクが切り替わりつつある。ここ1・2ヶ月前に買ったものは赤外線を吸収するのだけど、ここ1〜2週間中に買ったものは透けて見える。カーボンブラックを使わなくなった?

6:07 PM - 2 Nov 2015
 手持ちペンで調べて見ると、Zebraのハイマッキーは赤外線を通さなくて、マッキーは赤外線を通す。…けれど、手持ちのハイマッキーはずいぶん古いから、これも最近のモデルでは違ったりするのかも…。

6:21 PM - 2 Nov 2015
 引き出しに入ってたゼブラ、ハイマッキーは赤外線に不透明だけど、マッキーは赤外線に透明。時期が違うせいかと思いローソン100に買いに行ってみたら、今売っているものも同様だった。ということは、太くて「ハイ」が付くか否かで耐光性がずいぶんと違っていたりするのかも。

7:38 PM - 2 Nov 2015



■Powered by yagm.net