hirax.net::Keywords::「ビロード」のブログ



1999-09-29[n年前へ]

五色不動のワンダランド 前編  share on Tumblr 

黒ビロードのカーテンが開く

 本WEBは色にこだわっている。今回はとある五色に関する物語である。「もしかして、iMacのこと?」と思われる人もいるだろうが、残念ながら違う。数百年にわたり東京を守っているという五色の場所の話である。

五色といっても色々ある。このiMacも実は五行説に影響されている?

 「黒天鵞絨(びろうど)のカーテンは、そのとき、わずかにそよいだ。」と黒という色で物語が始まり、
「辛子いろのカーテンは、そのとき、わずかにそよいだ。」とやはり色で終わるミステリがある。これは以前、

でも書いた中井英夫の「虚無への供物」 である。「虚無への供物」は不思議な色に彩られた小説である。その中の鍵の一つが江戸五色不動だ。現在も東京に張り巡らされている五色による結界、すなわち、江戸五色不動について調べてみたいと思う。というわけで、今回の話を楽しむためには、中井英夫の「虚無への供物」を本屋へ買いに走らねばならない。私は中井英夫の「虚無への供物」は日本が誇るミステリーの最高傑作の一つだと思うのだ。

 もう10年近く前になると思うが、「本の雑誌」に江戸五色不動が実在し、そこを巡ってみたという話があった。それを読んでから、機会があれば江戸五色不動を巡ってみたいと思っていた。ミステリーの登場人物のように、東京の街の中でさ迷い歩いてみたいと思っていたのである。そして、東京のワンダランドの入り口を見てみたいと思うのである。

 五色不動の内、目黒不動は有名であるし、目白不動は目白という地名としても残っているので有名といってもよいだろうが、残る目青、目赤、目黄不動はそれほど有名ではないだろう。そもそも、 「五色」の由来は、古代中国の五行説に遡る。木、火、土、金、水の五つの要素から万物が成ると考えるものである。

五色と五行
1青龍
2朱雀
3中央天位
4西白虎
5玄武

 それでは、その江戸五色不動の位置を示してみる。このように五色の結界の中に東京があるとは知らないで、住んでいる人も多いのではないだろうか。

東京を囲む五色の結界

(位置は極めてアバウト。また、移転したものは江戸末期に存在した位置に描いたつもりである。)

 こうしてみると、五色不動の方向は江戸城を中心にして五行説の通りになっているわけではないことがわかる。しかし、江戸城を中心としているのは確かなようだ。また、黄色が二つあるのは、移転(あるいは分裂か?)があったためだという。三代将軍家光の時代に五色不動を作らせた天海大僧正の頭の中にはどのような設計図があったのだろうか?

 さて、今回の探検のために私が持参した地図は少し古い。いや、はっきり言えばかなり古い。不動尊はしっかり載っているのであるが、これを頼りにしてもすぐ迷うのだ。大体、現在位置もよくわからないし、気のせいか地形すら違うように感じるのだ。まずは、目黒不動である。最初に地図で示してみよう。

目黒不動尊の辺り 目黒白金図 (1858)

人文社 「江戸切絵図で見る幕末人物事件散歩」より
 地図の左上辺り(一番明るい所)が目黒不動。 JR目黒駅は目黒川の場所から想像して欲しい。

 さて、その時の写真を以下に示す。これが現代の目黒不動である。

目黒不動尊
 目黒という地名は目黒不動があるからだけど...."黒の部屋"が突然出現して、そこが...
「虚無への供物」

 この目黒辺りは台地が繰り返す地形であるが、やはり目黒不動尊も台地の上にある。

 この日は目黒駅前では「目黒のさんま祭り」が開かれていた。ビールとさんまが夏の終わりを感じさせるのだ。

 目黒白金図 (1858)による、目黒不動の部分。内部の位置関係はそれほど変わっていなかった。内部に入ると龍泉寺という名前が納得できるだろう。

 また、「虚無への供物」が好きな方ならば、いきなりコンガラ童子達が出現するのには驚くはずだ。

 1858年といってもたかだか150年前である。江戸時代の圧倒的な長さから比べたらごく最近である。
 
 
 
 

 さて、あまりに重いページになってきたので、この続きは次回に。
 

1999-10-04[n年前へ]

五色不動のワンダランド 後編  share on Tumblr 

奇怪な偶然

 前回前々回までのあらすじ

 江戸を守っている五色の結界、すなわち、五色不動を捜し求めて、私はさまよい歩いてみることにした。目黒不動から物語りは始まり、目青不動、目白不動を訪れていく。しかし、その最中に、現実が異様な形で姿を現すとは気づいていなかった...

 WEBの中では私は未だに江戸五色不動を訪れ、さまよっている。しかし、その最中に現実は異様な姿を現した。目黒不動でバラバラ死体の一部が発見されたのである。


 記事の一例は、
1999年10月1日(金) 21時32分
<死体遺棄>駐車場に切り取られた男性の性器 東京・目黒区 (毎日新聞)
http://news.yahoo.co.jp/headlines/mai/991001/dom/21320000_maidomc098.html
で読むことができる。10/1に目黒不動内で男性の下腹部が発見され、死後1-5日というからとは時期的にちょうど合ってしまう。それどころか、その後の情報に寄れば9/29に行方不明になったというから、ちょうどその日である。偶然が必然にすりかわっていくのが中井英夫の「虚無への供物」である。奇妙な偶然が続き、まるで自分が犯人であるような現実に襲われる話である。まるで、「虚無への供物」である。これで、他の不動でも死体が発見されていったら、まるで犯人は私であるかの錯覚に襲われてしまう。理不尽な偶然を受け入れるか、そうでなければ、自分が犯人でしか有り得ないという状況が出現してしまうのである。

 しかし、WEBの中の私はそんなことは露も知らず目赤不動尊、目黄不動尊を探しさまよっているのであった。目赤不動は駒込の駅から歩いていった。ちょうど夏の終わりで、お祭りをそこらかしこでやっていた。しかし、不思議なことに、人とはほとんど会わない。不思議な程である。
 このあと、地下鉄で東京駅に移動したのだが、駅にも人っ子一人いないのである。まさにワンダランドである。

目赤不動尊

東都駒込辺絵図(1857)


拡大図

目赤不動尊

 上の地図でも判ると思うが、ここら辺りは寺ばかりである。東京は実は寺で満ちているのであった。本当に寺ばかりなのだ。

 本郷、動坂の都電の停留所から、追分に向かって、...
中井英夫の「虚無への供物」


  目赤不動から名づけられた動坂という地名は今でも残っている。この動坂は江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」で有名な団子坂のすぐ近くである。ミステリ好きにはたまらないだろう。

 さて、最後は目黄不動尊(永久寺)である。目黄不動尊はもうひとつ平井にもあるが、今回はパスさせて頂いた。中井英夫の「虚無への供物」でもパスしているからである。

目黄不動尊(永久寺)

今戸箕輪浅草絵図(1853)

 
拡大図

 この辺りの町も奇妙に趣がある。実は東京は素晴らしい街であるのだ。

目黄不動尊

 残念ながら、中には入れなかった。

 たしかあれもお不動さんですわ、永久寺さんとかおっしゃって...。さぁ、でも目黄不動っていいましたかしら。
中井英夫の「虚無への供物」

 「虚無への供物」の冒頭で
 竜泉寺、といっても、あの「たけくらべ」で知られた大音寺界隈ではない。日本堤に面した三ノ輪よりの一角で、...
と目黄不動の近くから話は始まるが、ここに出てくる「竜泉寺」に注目すべきだろう。目黒不動は「龍泉寺」であり、ここでも話の奇妙な繋がりが存在するのである。

 確かにこのすぐ近くに「竜泉寺」は存在する。また、実はこの近くに「龍泉寺」も存在していた、その隣は不動尊なのであった。

 目黄不動尊はもうひとつあるが、そちらはいつかまた行く予定だ。それまで、奇妙な偶然が続き、江戸五色不動のワンダランドの扉が開かないことを祈るばかりである。
 

2000-09-02[n年前へ]

もうすぐ二歳の「できるかな?」  share on Tumblr 

初心に帰ってみましょうか?


  「できるかな?」が始まったのは二年近く前の秋のことだった。

でも触れたが、当初(実は今も続いているが)は某社内の某サーバー内でこっそりと始めてみたのだった。それから二年あまりでずいぶんと色々な話が増えた。某社サーバー内でしかアップしていない
  • プリンタドライバーは仮免
  • 続 電子写真プロセスを分数階微分で解いてみよう
  • 続々 電子写真プロセスを分数階微分で解いてみよう
等の外部未公開の話も含めれば、もうすぐ200回近くになる。そして、公開場所の変化もあってずいぶんと話の傾向も変わってきた。最近では「ここのところの話題は何か変じゃないですか?hirabayashiさんどうかしたんですか?」とか、「大丈夫?hirabayashiくん?」などと言われる始末である。

 そして話が増えてきたせいか、自分自身でも「アレッ、あの話はどこにあったけ?」というように迷ってしまうことが多々ある。迷うどころか、最後まで見つからないこともしばしばあるのだ。そして、それは私でもない他の人であればましてやそうだろう。というわけで、

では簡単にそれまでの話の紹介をしたし、ではhirax.net内の全文検索機能を付けてみた。

 今回は、これまでの話題をもう一度自分で読み直して、その中から「自分のお気に入り」を調べてみたいと思う。そして、最近少し話題が変になってしまっている反省をして、もう一度初心に帰ってみようと思うのだ。

 まずは、1998年の話題からいくと

というあたりが、良い感じだ。京都の風物詩である「鴨川カップル」達が人目を気にしながら寄り添う合う姿を考えてみたものだ。後の「恋の力学」シリーズなどはここらへんから始まっていた、といっても良いだろう。そしてこの頃の[Scraps]系の話題としては、がある。少し前に、この「さなえちゃん」を描いた漫画の作者からメールを頂いたのがとても私には印象深かった。

 そして、1999年の上半期から選んでみると、まずは

というところだろう。ハードディスクの情報を可視化することで情報圧縮・エントロピーを考えてみた一話である。そして、同じような「可視化シリーズ」の一つであるはこの後「感温液晶はどこで売っていますか?」という質問メールを多々頂くことになった。そして、[Scraps]系のが私の「お気に入り」でもある。ここら辺から「できるかな?」の中に全然技術的な話題でない物が登場し初めたような気がする。

 そして、1999年の下半期はもう自分で言うのも何だが傑作揃いである。大体、書いているペースが自分でも驚くくらいのハイペースだ。月当たりの話の数を数えてみると、

  •  7月 9話
  •  8月 9話
  •  9月 8話
  • 10月 8話
  • 11月 11話
  • 12月 9話
という感じでいやもうビックリしてしまう。平均すると三日に一話である。どうも、本業が忙しいとそれに比例して制作ペースが増加するという、「恐怖の睡眠時間減少の法則」が成り立つようだ。

 この頃の「お薦めの話」はいっぱいある。例えば、

に始まった「文章可視化シリーズ」や、で始まった「ASCIIアートシリーズ」だろう。から始まる「江戸五色不動シリーズ」は江戸にロケまで行ったので、とても思い出深い話の一つである。しかも、妙な偶然のせいでまるで小説の中に迷い込んだような気持ちになったものだ。

 そして、WEBページを作る上では

などもどうしても外せない。そして、この後結構続くことになるという「恋の力学」シリーズもこの時期に始まっている。そして、この頃の一番人気が何と言ってもだろう。この「ミニスカート」系の話の流れは以降も続くことになるのが自分では意外でもあり、残念でもある。それはさておき、ナンセンス系ではなんてのも面白い話だと思う。そして、1999年の終わりはやはりこれが「お気に入り」の話である。また、[Scraps]系の話がこの時期にはやたらいっぱいあるのが面白いところだ。その内からいくつかピックアップするとこんな感じだろうか? さて、2000年上半期にもなると、すいぶんとペースも内容も落ち着いてしまう。その中でも、「恋の力学」シリーズに夏目漱石をトッピングしてみたという辺りは「文学と科学が合体」した話で、自分の中では書いてて結構面白かった話である。そして、ナンセンス系のもクダラナイところところが外せないと思う。そして、この辺りで始まり未だ継続中のは最近の変な流れを予感させるのが哀しいところである。

 さて、今回は2000年上半期までの話の中から「私の好きな話」を振り返ってみた。とはいえ、私の好きな話=他の人の好きな話ではないようだし、他の話も適当に眺めて頂いたら良いかなぁ(私が)、と思うのだった。
 



■Powered by yagm.net