hirax.net::Keywords::「京都」のブログ



2012-07-19[n年前へ]

「打ち水で京町屋を通り抜ける風の速さ」を計算しよう!  share on Tumblr 

 「真夏始めました」と天気の神さまが宣言したかのように、急に暑くなりました。蒸して暑い空気が体に重くまとわりつきます。

 京町家では「庭に打ち水をすることで、(水を撒いた)庭から(居住空間を通り)反対側への風の流れを作り、涼を得た」と言います(「京町家模型で確かめる打ち水の科学」)

 庭に打ち水をすることで、京町家の中には 、一体「どのくらいの風」が吹き抜けるのでしょうか? …そんな疑問、そんなハテナマークが頭に浮かんだので、ごく単純に京町家の坪庭(家の奥にある庭)に水を撒いたとき煙突効果が生じるものとして、京町屋の中を通り抜ける風量を計算してみました。

 まず、坪庭は高い壁に覆われています。その壁の高さは4mとしましょう。そして、水を撒くことで、(高さ4mの)坪庭内の気温が2度(外気より)下がったものとします。少しひんやりした坪庭は、坪庭最下部横から(居住空間を介して)暑い外へと空気が通り抜けることができるとします。すると、坪庭内と外部との圧力差で生じる風速はおよそ0.5m/s強、となります。

 秒速0.5mの風を「風力階級」で表現すると、「至軽風(しけいふう)"Light air"」です。たかだか秒速0.5mですが、"Light air"と聞くと、少し心地良く・気持ち良く流れていく空気が、蒸した暑く重い空気をどこか遠くへと運び去って行くように感じられるのではないでしょうか。

打ち水で「京町屋を通り抜ける風の速さ」を計算しよう!






2012-07-20[n年前へ]

打ち水の要件定義書「居住スペースの両側に庭がある」  share on Tumblr 

 『打ち水の要件定義書「居住スペースの両側に庭がある」』を書きました。

 しかし、水を撒く場所を、「(壁に囲まれた)家にある中庭」でなく「家の前の路地」に巻いたような場合、冷えた重い空気は家の中に吹き込むことなく、ただ通りに沿って他の場所に流れてしまいます。
 そこで、もう一度「京町家模型で確かめる打ち水の科学」で引用した文章を読み直してみると、「居室空間の両側に庭があることが、打ち水には大切な要件だ」と書いてあります。

2012-08-15[n年前へ]

暑い夏はペダルを漕いで汗をかけ!?  share on Tumblr 

 「n年前へ」から、『実は体育会系な 「京都市鴨川源流」を廻る「理系風デート」』 

 たとえば上に貼り付けた地図のように、橋と橋の間の距離や、橋と橋の間の標高差が書かれている「ケーニヒスベルクの橋渡り問題」も見かけます。こんな問題(地図)を見かけたならば、「一筆書きをすることができるか」という問題だけでなく、「移動に必要な体力を最小化するにはどうしたら良いか」という(いわゆる)制約条件付き最小化問題を解いてみるのも興味深いかもしれません。…そして、その最小化問題を解いたなら、地図から解き明かした答えを確かめるべく、ひたすら鴨川の川縁(かわべり)を汗をかきつつ走り回るのです。

2013-08-16[n年前へ]

「五山送り火」にまつわる地図色々  share on Tumblr 

 「五山の送り火」から。

 五山の送り火とは東山如意ヶ岳(大文字山)の「大文字送り火」、松ヶ崎西山(万灯籠山)、松ヶ崎東山(大黒天山)の「松ヶ崎妙法送り火」、西賀茂明見山(船山)の「船形万燈籠送り火」、大北山の「左大文字送り火」、嵯峨水尾山(曼荼羅山)の「鳥居形松明送り火」の五山を総称したものであり、各々、異なる“送り火”行事の寄り合いで、それぞれに“送り火”を守る保存会が個別に存在し、互いに干渉せずに独自性を保って運営されているのです。現在のような形になったのは、近世初頭といわれており、如意ヶ岳の「大文字送り火」は17世紀中頃作成の絵図にしっかりと描かれているし、18世紀中後期の絵図には、五山全ての“送り火”が描かれています。興味深いのは、かつては市原野の「い」、鳴滝の「一」、西山の「竹の先に鈴」、北嵯峨の「蛇」、観音寺村の「長刀」なども“送り火”として点火されていましたが、明治の頃までに廃絶してしまっています。

 「五山の送り火をどこから見ますか?(五山送り火の可視領域〜マップ)」から。

 京都では、送り盆にあたる8月16日の午後8時から五山送り火という行事があります。 京都地域以外にお住まいの方々には、「大文字焼き」と一般的に呼ばれることもありますが、 正式名称は「大文字五山送り火」で、5つの山で6つの形 (大文字、妙法、船形、左大文字、鳥居形)を順番に点火します。

 送り火の起源は諸説あるようですが、 精霊の送り火として盂蘭盆会(うらぼんえ) の行事が一般的な定義とされています。 一般庶民をも含めた年中行事として定着するようになったのは、 室町時代とも江戸時代とも言われ、1658年頃には文献にも記されています。 このことから、京都において長らく行われてきた伝統的行事であることは間違いないでしょう。

 以下に示す図は、バーチャル京都を構築する3次元データのうち、 建物や地表面の高さを有したデータを用いて、 合計6カ所で点火される「五山の送り火」がどこからいくつ見えるかを GIS上で分析した結果を示しています。

 「大文字が照らすもの」から。

 大文字山の登山口付近に置かれた看板に、「大文字の中心は、大本山相国寺の御霊所に向かって正面」と書いてありました。…大文字の火床まで登ると、その中心には十文字と、ハの字を組み合わせた矢印のような字形となるように地面に埋め込まれた火床(金尾)があります。…この「金尾」から直線を引いた先には確かに大本山相国寺(しょうこくじ)があります。

 「相国寺-金閣寺-銀閣寺の謎」から。

 実は、金閣寺と銀閣寺は相国寺の山外塔頭寺院、 つまり相国寺の境内の外にある子供の寺院なんです。 その相国寺って京都のどこにあるかということですが、 京都御苑のすぐ北、上京の一等地のかなり大きな敷地にあります。
 …さて、地図を調べていてわかったのですが、 この3つの寺が京都を横断するように一直線上に並んでいるんです。しかも、まるで測ったかのように、相国寺が金閣寺と銀閣寺のちょうど中心に位置しています。

2013-08-19[n年前へ]

[今日見た景色] 北白川今出川でアビーロード  share on Tumblr 

 夕べ食べた天下一品のこってり(並)と餃子が腹にもたれ朝飯抜きで桂から松尾に向かい、嵐山から北王子を回って天下一品本店の前を通ります。…やっぱり人が何人も並んでいて、北バチ跡もテニスコートが屋上にあるラブホもなくて、少し残念に思いつつ南へ向かいます。そして、北白川今出川で信号待ちをしながら、ビートルズの「アビーロード」のジャケット写真みたいな景色を眺めます。

 その後、円山公園脇を抜け・東山五条から1/9号に入り、天下一品で五条桂店で角煮こってり(並)with ニンニクをブランチ代わりに食べ、つまりは夜も昼も天一に行き…そして夜は(京都郊外にある)体育館近くで五山送り火を風に吹かれつつ眺めた…というのが2013年8月16日の「今日見た景色」です。

 自分は無駄の多い人生を送ってきた。けれど、”保証はないけど、やりたいこと"…"保証はあるけど、興味ないこと”…そのどちらかをもう一度選択できるとしても、前者を選ぶ。

by Anonymous Coward Re:40過ぎると (スコア:0)

[今日見た景色] 北白川今出川でアビーロード








■Powered by yagm.net