hirax.net::Keywords::「幸せ」のブログ



2010-03-07[n年前へ]

不況下に必要とされる「目の前の小さな幸せを大切にする能力」  share on Tumblr 

酒井順子の「女も、不況? 」あとがきから。

 不況が続いていけば、目の前の小さな幸せを大切にする能力は、ますます求められるものと思われます。二十年後に今の時代を振り返った時、「あの時代って、考えてみると意外に楽しかった」と思うことができるように、したいものですねぇ…。

2010-03-24[n年前へ]

「贈る言葉」  share on Tumblr 

昭和の中頃を描いた、西岸良平の「三丁目の夕日」は、もうずっと昔の物語なのだろう、と読む人は誰しも思うのではないだろうか。それなら、「3年B組金八先生」はどうだろう。それも、やはり、昭和の中頃を描いたずっと昔の物語なのだろうか。

 1979年の10月26日から、翌年の春先までの期間、半年にも満たない期間に放映されたのが「3年B組金八先生」だ(第1シリーズ)。その短い期間に、どれだけ密度の高いものが詰まっているように感じたろうか。どれだけの気持ちを感じたろうか。

 「我々もまた、次の世代、そのまた次の世代のために、何か人間が幸せになれるようなことを残さなければならない責任があるのです。そのために諸君は今、受験勉強をやっているわけです。もし東大に入って大蔵省の官僚になれる人がいたら、人間の本当の幸せのために1万円でも多く予算をぶんどってきなさい。大工さんになる者は家族たちの笑い声がいつも絶えないような、そんな素晴らしい家を作ってください。(中略)そしてこの川の流れ込んだ海の向こうでは、受験戦争どころか本当の戦争で傷つき、肉親を失い、食べ物すらない、そんな少年少女たちがいることをお前たちは忘れるな。

3年B組金八先生 第1シリーズ 「第十六話」

 ふと…考える。もう、ずっと昔に「3年B組金八先生」は、前世紀の古い物語になってしまっていたのかもしれない。21世紀になって、すでに十年以上が経っている。時代が「平成」という名前になってから、すでに二十年以上過ぎている。あんな「贈る言葉」を、もう古く感じる時代になっているのだろうか。

 戦後が一段落して、これからバブルが来るっていう第2シリーズの頃が、一番いい時代だったのかもしれないね。

「”≠腐ったミカン”加藤優」を演じた「直江喜一」

2011-08-08[n年前へ]

コンピュータ技術で見つける幸せがあってもいいじゃないか。  share on Tumblr 

 見つけたら「幸せ」になれるという「四つ葉のクローバ探し」をスマートフォン・アプリとして実装する、という眞宮 啓さんの"Looking For The Happiness"("On the Green"をテーマに開催されたTokyo Midtown Award 2010 受賞作)。「幸せ探し」をコンピュータの画像処理でサポートするという「アイデア」が小気味よい。

 子供の頃、誰もがやったことがある「四つ葉探し」をサポートするツールです。コンピュータ技術で見つける「幸せ」があってもいいじゃないか。

眞宮 啓

コンピュータ技術で見つける幸せがあってもいいじゃないか。








■Powered by yagm.net