hirax.net::Logos::2012-07

2012-07-06[n年前へ]

「きみが見つける物語」  share on Tumblr 

 「n年前へ」から。 「PowerPointでアクションゲームを作ってみる(コントローラはRuby編)」「「物語」と「市場経済」」「宇宙の仲間を求めて」など。

 アルタイルに向けて電波でメッセージを送った話。(中略)「もちろん、宇宙人に電波を送ったなんて考えているわけでなくて、私たち自身の心に送ったと思っている」と、送信者の1人から聞いた。

宇宙の仲間を求めて
 幸か不幸か、社会はこの現実社会にはないものを物語という形で流布する。「かけがえのない私」というのも、こういった物語の一つである。

「物語」と「市場経済」

2012-07-16[n年前へ]

「乗り物」と「ミューズ」と「逃げる」  share on Tumblr 

 from 「n 年前へ

 電車や車に乗って行くのが普通と思いこんでいた場所に、近くのコンビニに行くのと同じように、自転車に乗って辿り着くことが”できる”ということは、とてもワクワク・気持ち良くさせます。
 クヌース「という」アメリカの数学者と話したとき、である。「ドナルド・クヌースと話した時」ではなく、つまりは「読者はしらないだろうが、あるアメリカの数学者と話したとき」だ。
 小島寛之さんの言葉の近くに、はてな近藤社長の「逃げる」という言葉が書いてあります。その言葉を最初に眺めたとき、力強い文字とその言葉がどうも似合わないように思えて、ふと首をかしげたのでした。ずいぶん消極的な言葉にみえて、意外に感じたのです。  その違和感が消えたのは、しばらくしてスポーツ解説のテレビを眺めてた時でした。…「逃げる」という言葉は、私が思ったような消極的な言葉ではなく、「苦しくても、力一杯アタックし続ける」という覚悟の言葉だったんだなぁ、と思い至ったのです。
 道具は何かを達成するための道具に過ぎない…けれど、その道具が私たちの衝動や欲望を突き動かし、新たな可能性へと誘(いざな)っていたりいたりもするのではないか、と思います。

2012-07-17[n年前へ]

”ま、いっか”という「やりきったヤツが使う言葉」  share on Tumblr 

 R25で読んだモト冬樹さんへのインタビュー記事。 書いたのは、武田篤典さんという方(あまりに小気味良い文章だったので、思わず記事を書いた方の名前をメモした)。

「オレね ”ま、いっか” っていう言葉が好きなんです。これは、やりきったヤツが使う言葉です。やるだけやったんだから、自分は納得している。・・・だから ”ま、いっか” なんです」