hirax.net::mobile

(PC/スマートフォンの方はこちらからご覧下さい)

hirax.netの最新記事

紫外線と赤外線で自撮りして「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」を納得しよう!? (PC/スマートフォン向けリンク)


 赤外線/紫外線の切り替えができるカメラを仕立てたので、自分の顔を「自撮り」をしてみました。すると、左下に貼り付けた赤外線で自撮りした写真は肌内部で大きく広がった内部散乱光が、外に染みだした結果「美肌フィルタ」が激しく掛かりまくった状態です。それに対して、右下に貼り付けた紫外線の自撮り写真は(メラニンやヘモグロビンの光吸収率が高く、肌内部で光散乱が繰り返されることで内部拡散光の吸収も大きいことから)ほぼ肌の表面反射光だけが見えて、肌表面のデコボコが派手に見えて哀れな状態が顕著です。

 こうして眺めてみると、「短波長(紫外線)眺めた顔」に対して、「長波長(赤外線)で眺めた顔」はずいぶんと柔らかく綺麗に見えることを強く意識させられます。すると、次の事実に気づかされるはずです。つまり、「夜の女性たちが働くお店」がピンク/赤色(長波長)の照明を使うのは科学的に100%正しい!ということです。なにしろ、そんな照明を使うだけで、肌年齢が30歳くらい若く、そして柔らかく・美しく化けさせることができるのです。「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」の有効性は、紫外線と赤外線で自撮りしてみれば誰でも納得できるのではないでしょうか。

この記事と関連する記事


この記事のキーワードとhirax.net内関連記事

 紫外線  カメラ  内部拡散  メラニン  ヘモグロビン  赤外線  自撮り  女性    ピンク    法則


「紫外線|カメラ|内部拡散|メラニン|ヘモグロビン|赤外線|自撮り|女性|店|ピンク|灯|法則」の関連本(amazon)

「紫外線|カメラ|内部拡散|メラニン|ヘモグロビン|赤外線|自撮り|女性|店|ピンク|灯|法則」のYahoo!オークション

選択する:


hirax.netの最新記事 jun@hirax.net

Amazon.co.jpロゴ
counter