hirax.net::mobile

(PC/スマートフォンはこちらから)

Older

Macbook用ACアダプタがバチン!と音立て壊れたので開腹してみる


 朝、Apple Macbook Pro用で使っていたACアダプタが、バチン!と音を立て、電流を供給しなくなった。つまりは、壊れたのでケースを開けてみた。長ネジとナットを使いケースをこじ開け開腹してみると、ケース内側に2箇所焦げ付いた箇所がある。右の画像がACアダプタ内側で、右下の画像が、基板とケースを重ね合わせて示したものだ。

 焦げ付いた2箇所のうち一箇所はチップ抵抗。もう一箇所は、パッケージに穴が開いたチップがある場所。何だか面白くて、ルーペで眺めたり、顕微鏡で眺めたり、超拡大な3D撮影をしてみたりする。…関係無いけれど、一家に一台X線CT装置とか3D顕微鏡は欲しいと思う。

この記事と関連する記事


この記事のキーワードとhirax.net内関連記事

 Apple  Macbook  ACアダプタ  分解  顕微鏡


「Apple|Macbook|ACアダプタ|分解|顕微鏡」の関連本(amazon)

「Apple|Macbook|ACアダプタ|分解|顕微鏡」のYahoo!オークション

選択する:


Older
jun@hirax.net

Amazon.co.jpロゴ
counter