hirax.net::mobile

(PC/スマートフォンはこちらから)

Older

Ricoh Theta S で2017年旧暦1月満月の夜を撮ってみる


 思い返せば2015年は忙しかった。長身の国オランダに入り浸ったり、大学病院に入院したり、タイのスコータイやチェンマイあるいはバンコクで Ricoh Theta S と自作治具を抱えて全天周HDR距離マップ付き動画に挑戦したり、人生で2回目のスカートを送風機でめくる実験をしたり…と七転八倒の毎日だった。

 そんな人生七転八倒のお友達 Ricoh Theta S ともっと戯れたい!というわけで、OpenSphericalCameraのTheta S 制御用 Python コードを3.x用に書き換えて、長時間露光の微速度撮影で満月の夜を撮影をしてみた。

 旧暦1月の満月の夜を、露光60秒で20分ほどの時間、微速度動画を撮ってみる。太陽のように明るい満月と、都会に近いけれどそれでも見えるいくつもの星 は、北極星を中心に廻っている。もしも、渋谷のスクランブル交差点や、上野公園の桜の下、あるいは、山手線のホームで眺めてみたら、一体どんな景色が見えてくるだろう。

この記事と関連する記事


この記事のキーワードとhirax.net内関連記事

 RICOH  リコー  THETA  ThetaS  微速度撮影  長時間露光  満月  北極  夜景  Python  ruby


「RICOH|リコー|THETA|ThetaS|微速度撮影|長時間露光|満月|北極|夜景|Python|ruby」の関連本(amazon)

「RICOH|リコー|THETA|ThetaS|微速度撮影|長時間露光|満月|北極|夜景|Python|ruby」のYahoo!オークション

選択する:


Older
jun@hirax.net

Amazon.co.jpロゴ
counter