hirax.net::画像計測データを整理したい::(1999.04.21)

画像計測データを整理したい  share on Tumblr 

画像ブラウザーを作る

 日立SEM-4500という種類の電子顕微鏡を使っている。このSEMは計測画像をTIFF形式で保存できる。その計測データの整理用に画像データブラウザーをつくった。SEM-4500のユーザーは重宝すると思う。そんなユーザーが多くいるとも思えないが、もしユーザーの方がいれば、使ってみるのもいいと思う。それ以外の人でもデジカメで画像を頻繁に撮影する人にも便利かもしれない。
 まずは、作成した画像データブラウザーの画面を下に示す。

画像ブラウザーの画面

 エクスプローラによく似た画面構成である。使い勝手もほぼ同じである。ここでは、デジカメで撮影した画像データを例にしてある。プレビューアイコン表示や、ファイル形式変換などができる。

 ここまででは、よくある画像ブラウザーと変わらない。そこで、日立SEM-4500で計測した計測画像を詳細表示したものが以下である。

日立SEM-4500で計測した計測画像を詳細表示したもの

 ドキュメント部分に注目してほしい。文字が読めるように拡大してみる。

画像データのドキュメント部分

 計測日、倍率、加速電圧、ワークディスタンスなどが表示されているのが読めるだろう。

 さまざまな、色々な種類の画像読み取りにはたけちん氏のSusieプラグインに対応することで対処している。そのため、まず

などに紹介されている色々なSusieプラグインをインストールする必要がある。例えば、SEM-4500の計測画像読み取りのためにはiftiff.spi, ifTIFF6.spi を使う必要がある。それらのプラグインを本アプリケーションの中のSusiePluginディレクトリ内に置けばよい。また、システムディレクトリや本物のSusieディレクトリでも構わない。

 計測日、倍率、加速電圧、ワークディスタンスなどの情報はどのように格納されているのか。実は、TIFF画像にはドキュメントを内蔵することができる。その中に色々な情報が書かれているのである。日立SEM-4500の場合、そのままでは内容がよくわからない形式に書かれているので、それをわかる形式に書きなおしてある。また、TIFF画像を読み込むSusieプラグインも内臓ドキュメントには対応していなかったので、内蔵ドキュメントは独自に読み込むルーチンを付け加えてある。もちろん、日立SEM-4500計測画像以外のTIFF画像の内部ドキュメント表示も可能である。また、日立の同じようなシリーズでももしかしたら使えるかもしれない。

 今回作成したアプリケーションはここに置いておく。

realize.lzh LHA形式 541kB


また、保存可能なフォーマットを挙げる。

保存可能なフォーマット一覧
名称拡張子詳細
Windows BITMAP BMP非圧縮
Graphics Interchange FormatGIFGIF87a
Joint Photographic Experts GroupJPG(JPEG)JFIF(JPEG File Interchange Format)
Tag Image File FormatTIF(TIFF)非圧縮
PACKBITS圧縮
LZW圧縮
CCITTRLE圧縮
GROUP3-1D圧縮
GROUP4圧縮

 アルファ版なのでバグや不足な機能は多々あると思うが、大きな問題は見つかっていないので悪さはしないと思う。自分に必要な機能が出来上がると作るのを止めてしまうのが悪い癖だ。実は、このソフトは1年程前の作成のものである。この後、エクスプローラとの間のドラッグドロップなどに対応したものも作成したのだが、機能を増やしすぎ開発が遅々として進まないのである。

この記事と関係がある他の記事