hirax.net::Keywords::「カメラ」のブログ



2015-10-19[n年前へ]

紫外線と赤外線で自撮りして「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」を納得しよう!?  share on Tumblr 

 赤外線/紫外線の切り替えができるカメラを仕立てたので、自分の顔を「自撮り」をしてみました。すると、左下に貼り付けた赤外線で自撮りした写真は肌内部で大きく広がった内部散乱光が、外に染みだした結果「美肌フィルタ」が激しく掛かりまくった状態です。それに対して、右下に貼り付けた紫外線の自撮り写真は(メラニンやヘモグロビンの光吸収率が高く、肌内部で光散乱が繰り返されることで内部拡散光の吸収も大きいことから)ほぼ肌の表面反射光だけが見えて、肌表面のデコボコが派手に見えて哀れな状態が顕著です。

 こうして眺めてみると、「短波長(紫外線)眺めた顔」に対して、「長波長(赤外線)で眺めた顔」はずいぶんと柔らかく綺麗に見えることを強く意識させられます。すると、次の事実に気づかされるはずです。つまり、「夜の女性たちが働くお店」がピンク/赤色(長波長)の照明を使うのは科学的に100%正しい!ということです。なにしろ、そんな照明を使うだけで、肌年齢が30歳くらい若く、そして柔らかく・美しく化けさせることができるのです。「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」の有効性は、紫外線と赤外線で自撮りしてみれば誰でも納得できるのではないでしょうか。

紫外線と赤外線で自撮りして「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」を納得しよう!?紫外線と赤外線で自撮りして「夜の女性が働くお店=ピンク灯の法則」を納得しよう!?






2016-10-29[n年前へ]

「眼球の型をしたピンホールカメラ」模型を作ってみよう!?  share on Tumblr 

 小学生高学年向けのこどもたちに「見えないものを観てみよう!」という実験授業をするために、「眼球の型をしたピンホールカメラ」模型を作ってみました。…どういうことかというと、授業内容は「自分の目で見ることができる可視光な世界を踏まえつつ、それとは異なる非可視な電磁波で世界を眺めてみよう!」というものなのですが、そのためには「私たちが(人それぞれ)どんな風に世界を眺めているのか」を説明する必要があるのかもしれないと思い「見ることができるもの」を話すための補助資料を作ってみようと考えたわけです。

 そこで、以前作った全球ディスプレイを作るためのパーツを利用して、「眼球の型をしたピンホールカメラ」模型を作ってみました。直径30cmほどの白球体に、瞳形状の絞りを貼り付けて、さらに瞳中心にはレンズを固定して…網膜に映る映像を(眼球の後ろ側から)の眺めることができる模型を作ってみました。

 後は、この眼球模型に錐体や錯体を(人それぞれの比率や分布で)貼り付けてみると面白そうですが…そういう仕組みを見せるなら、この球体を全球ディスプレイとしてPCから表示する方が適切なのかもしれません。

「瞳型したピンホールカメラ」模型を作ってみよう!?「瞳型したピンホールカメラ」模型を作ってみよう!?






2017-05-18[n年前へ]

ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な(衣服の下を透視する)妄撮カメラ」を作ってみよう!?  share on Tumblr 

 ディープラーニングによる単眼画像からの人物姿勢推定を行うコード OpenPose が公開されました。公開されたコードを使うと、画像ファイルや動画、あるいはWEBカメラで撮影された画像などを入力として、そこに写る人の姿勢(主要な関節の位置など)を推定することができます。姿勢推定の品質もなかなか素晴らしく、画像に写る人の姿勢が見事に写し出されます。

 画像から、人物の姿勢推定を簡単にできる…となると、「中二男子の夢的なこと」「あの頃夢見た妄想」をやってみたくなります。つまり、女の子の服の下をひたすら妄想し、その下の姿を透視する男子の夢の実現です。

可愛い女の子の服の下はどんなだろう……?そんな中学男子マインドを持ち続けたまま大人になった男たちへ。
妄撮

 手順はそれほど難しくありません。少なくとも、男子禁制の世界を手に入れる夢に向かう力があれば、実際のところとても簡単です。

 まず、google画像検索から任意のキーワードで画像を収集することができるgoogliser.shなどで、自由自在な「あなたのお好みスタイルに沿った人物姿勢画像」をダウンロードします。たとえば、下の例であれば、少し胸が大きめな立ち姿勢の(そして生まれたままの姿の)人物画像が集まります。もちろん、「どちらかと下着くらいは着ていて欲しいんだボクは」というのであれば、そうした検索語句でコマンドを走らせれば一発です。

./googliser.sh --phrase "naked body boobs" --title 'nakedBodyBoobs' --upper-size 900000 --lower-size 2000 --failures 40 --number 100 --retries 3
 次に、肝心要の「妄想したい画像」も用意しておきましょう。すべては、衣服の下に隠されたその姿を透視するためなのですから、その画像は何より一番大切です(好みに合わせてね)。

 そして、openpose を使えるようにした上で姿勢推定のテストをしてみます。たとえば、下のコマンドのような具合で動かせば、ディレクトリ(sampleImages)に入ってる画像群に写る人の姿勢が、YAML形式でposesディレクトリに生成されるようになります。

./build/examples/openpose/openpose.bin --image_dir sampleImages --write_pose poses/ --write_video result.avi

 ここまで来れば、あとはわずかにコードを書くだけです。妄想・透視したい画像・人物のYAML姿勢ファイルと、Google検索で集めた人物YAMLファイルを読み込み、妄想・透視したい人物の姿勢と類似する(妄想内容に近い)別の人物画像を見つけ出し、それらを中二男子の夢的な画像合成をしてやれば良いわけです。姿勢の類似性は、姿勢の大きさを適当に正規化し、向きも基準の方向を決めた上で、同じ関節どうしの距離を比較する、という具合で良いでしょう。そして、妄撮カメラ用途なら、胴体に近い部分の関節だけを計算に使うので十分でしょう(多分ね)。

 最期に、試しに書いたPython コードで確かめてみた妄想結果が、右上に二枚並べた画像です。男子の多くが夢見た妄想が、機械学習・ディープラーニング力により見事に実現しています。もちろん多少のズレが生じることも少なからずありますが、所詮は妄想、ズレがあっても・中味が全然本人と違っていても、「見えた気になれば良い」のです。

 妄想力だけで書いたコードはここに置いておきます。いつものように、何も考えず書いたコードなので、誰かの役に立つかはわかりませんが、jupyter notebookとpythonコードを置いておきます。また、妄想感度を高めるために、「紙・写真を破った感じで(こういうディティールは妄想満足度をアップさせるのにとても重要です)、その下の姿と画像合成する」処理を行うpythonコード中からマスク画像を読み込んでいます。その部分は、たとえば右に貼り付けたような画像を使えば良いかと思います。

 何はともあれ、妄想こそが発明の親。「こんなこといいな、できたらいいな」と思ったら、その瞬間に男の子は誰もがドラえもんになることができるのです。未来を描くのは、全てがいつも妄想です。
 というわけで、「こんな娘がいいな、見えたらいいな」と心の中のドラえもんに念じたことがあるボクら全員のために、機械の力と妄想力をフルに使い、ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な妄撮カメラ」を作ってみました。

こんな娘がいいな、見えたらいいな。
あんな夢、こんな夢、一杯あるけど…
みんなみんなみんな、叶えてくれる、
深層学習が叶えてくれる。

ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な妄撮カメラ」を作ってみよう!?ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な妄撮カメラ」を作ってみよう!?ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な妄撮カメラ」を作ってみよう!?ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な妄撮カメラ」を作ってみよう!?








■Powered by yagm.net