hirax.net::Keywords::「伊豆半島」のブログ



2009-11-12[n年前へ]

「自転車」で「ゆっくり」「立ち寄り温泉」を楽しむための「湯ッくりんぐ」  share on Tumblr 

 「ゆっくり」「自転車で」「温泉につかりながら」自然の景色や田舎の風景を楽しみたい・・・という人は「湯ッくりんぐ」を眺めてみると良い、と思う。ネーミングそのままに、「レンタサイクルを借りて、伊豆半島の歴史史跡・文学名所・素晴らしい風景を巡り、たまに立ち寄り湯でさっぱり気持ちよく温まる」ための便利な情報が詰まっているからである。

 たとえば、自転車を借りる「レンタサイクル」の場所や使い方などの情報なら、ここから知ることができる。ちなみに、1日500円である。もちろん、自分の自転車で行く、という人も多いだろうが、そんな人でも立ち寄り湯(入浴料はおよそ200~300円程度だ)・レジャースポット情報は役に立つはずだ。そして、(一見、見落としそうな)このページの左下の地図をクリックすると、気持ちよく走ることができる自転車コース地図をいくつも知ることができる。

 川沿い・海沿い・山際を気持ち良く走り続けるということは、知らない場所では結構難しいと思う。いつの間にか迷って袋小路に入ってしまったりする。しかも、知らない町で、小さいけれど気持ちよく入れる立ち寄り湯を見つけたりするなんて、限られた時間の中では不可能に近い。

 気持ちよく晴れた日には、自転車に乗って伊豆に行ってみるのもいいと思う。駅近くからレンタサイクルに乗って、そこに住んでいる気持ちになりながら町を散策してみても良いし、伊豆の大自然の中に自分の自転車で突撃していくのも気持ち良いだろう、と思う。…もちろん、帰りは「立ち寄り湯」に寄ってさっぱりして帰れば、なおさら気持ち良い。何度も何度も繰り返し経験してから書いているので、これはホントのホントである。



■Powered by yagm.net