hirax.net::Keywords::「作者」のブログ



2008-02-08[n年前へ]

石田純一「可能性が1%でもある限り、おれは全力を尽くす」  share on Tumblr 

 いつの頃からか、手帖にメモをするようになった。 目に付いたモノ、あとで読む本、感銘を受けた言葉…そんなものを、ボールペンで書き留めるようになった。本の中にある古典の言葉、目の前にいる人がふと口にした何気ない言葉、そんな、ノンジャンルな言葉を手帖に書き留めている。

 その手帖の中にある言葉の一つが、こんな言葉だ。

 可能性が1%でもある限り、おれは全力を尽くす。

 石田純一
 その全力を尽くす物事が「何であるか」はわからないけれど、この言葉を語ったのが石田純一なのだから、もしかしたら、それは(はたから見れば)クダラナイことなのかもしれない。けれど、だからこそ、この言葉は本当に素晴らしく素敵だと思う。

 「素人か玄人かは、其仕事に対する作者の打ち込み方の相違だ」というのは、志賀直哉の言葉だ。

素人か玄人かは、其仕事に対する作者の打ち込み方の相違だ。
  志賀直哉
人が自分の好きなことに打ち込むとき、その「打ち込み方」で其仕事に対する重みが変わるのかもしれない、とも思う。石田純一と志賀直哉の言葉を、右と左の耳から聞いてみると、その二つが不思議に溶け合って聞こえる。対位法のように、一見逆方向に聞こえる旋律が、混じり合って妙に溶け合うのが絶妙に良い。



■Powered by yagm.net