hirax.net::Keywords::「加速度」のブログ



2013-08-24[n年前へ]

「”歩く”と”走る”の境界線!?」物理解析から導かれる答は時速10km!  share on Tumblr 

 「”歩く”と”走る”の境界線!?」物理解析から導かれる答は時速10km!を書きました。以前書いた「歩くべき or 走るべき?の境界線」は時速8kmだ!での続編です。

つまり、私たちが時速10km程度で歩こうとしても、足 が伸びきった瞬間に私たちの体は浮かび上がってしまう=走り出してしまう、ということがわかります。(中略)

 すると、以前の話、時速8km程度までは歩く方が楽だけど、それより速く移動しようとすると走った方が良い!という「”歩く”と”走る”の境界線」が実に納得できます。
 もしも「歩くべきか、それとも、走るべきか…?」と優柔不断なハムレットが悩んでいたとしたら、「それはキミ、歩くと走るの境界線は時速8〜10kmだよ。もし、キミの足が普通よりずいぶん短ければ、たとえばドラえもん的に短ければ、もっと遅い速さでも走らないとダメだけどね!」と教えてあげれば良いわけです。

続「”歩く”と”走る”の境界線!?」物理解析が出した答は時速10kmだ!続「”歩く”と”走る”の境界線!?」物理解析が出した答は時速10kmだ!








■Powered by yagm.net