hirax.net::Keywords::「リリー・フランキー」のブログ



2010-11-19[n年前へ]

ひねくれてる「根が真面目」で不器用なひと  share on Tumblr 

 「西原理恵子の人生一年生 (2号) 」には、何人かのマンガ家が西原理恵子のマンガを題材に自分なりに描き、同時に、インタビュアーの質問に答えた言葉が掲載されています。何人かの言葉を眺めてみれば、何だか少し見えてくるものがあるようにも思います。

 がんばり屋さんで、根が真面目な人なんだと思う。

リリー・フランキー
 すごくひねくれてて、楽に生きてないなって。がんばって虚勢を張ってる感じというか、不器用で汎用性がないところが、作家としては強みなのかなと。

倉田真由美
 普通ああいう感覚を持った人が、まんがを描こうという方向には行かない気がするんですよね。それはすごい偶然で、なかなかないことだから、ほかの人が計算したり努力したりでは、描けないものなんじゃないでしょうか。

安野モヨコ



■Powered by yagm.net