hirax.net::Keywords::「古地図」のブログ



2003-12-15[n年前へ]

広重レンダリング・エンジン  share on Tumblr 

 「広重が見た日本橋」CGで当時の風景再現という記事のように-絵に描かれている江戸城は実際に見えず、富士山も左ではなく右側の視界の端に位置していたことが分かった-なんて言ってしまうとあまりにも当たり前の話に聞こえてしまうに違いない。「○×が判った」なんて言ってしまうと、少しばかりつまらない。やはり、ここはその過程をもっと伝えるべきだろう。例えば、古地図の幾何補正に関する研究の中の江戸時代から現代に至る溜池地域のモーフィングなんていうのも、その面白さは「結果」で表現されるものではないに違いない。

 ところで、広重が描いたパースペクティヴ、単純なカメラではありえないパースペクティヴのような空間変換を実現するレンダリング・エンジンなんてどうだろか?特殊な幾何学変換により、実際にはありえない構図、だけど面白い構図を描き出す広重レンダリング・エンジンなんて少し欲しくなったりはしないだろうか。

2004-09-20[n年前へ]

古地図から現在の地図へのモーフィング  share on Tumblr 

 古地図と現在の地図のモーフィングを用いた表現.例えば、神田明神・湯島聖堂の敷地周辺の過去から現在.



■Powered by yagm.net