hirax.net::Keywords::「明治時代」のブログ



2004-10-10[n年前へ]

文部省発行教育錦絵  share on Tumblr 

 明治時代に発行された「文部省発行教育錦絵浮力の説明や、西洋着せ替え人形や、パノラマ景色単位換算図など。
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/exhibition/Ibuki/nisikie/kikai.gifhttp://wwwopac.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/B1042800/image/page/11.jpeghttp://wwwopac.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/B1042795/image/page/47.jpeg

2005-03-03[n年前へ]

スライド・デザインにおける「上手と下手」  share on Tumblr 

 「他の分野の人に何かを伝えようとする」なら、まずは「他の分野から何かを学んでみる」のも良いかもしれません。というわけで、こんなスライドを作ってみました。
UntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitledUntitled

ジュリアス・シーザーグローブ座の配置と典型的な進行 ヨーロッパ文化でもミュージカル・演劇などにおける「(その文化中における)上手」は観客から向かって左側だといいます。例えば、右の配置図は、グローブ座のステージ配置とその舞台上の役者の動き、及び、シェークスピアの「ジュリアス・シーザー」の進行具合を示した図です。観客から言うと、左から入場し、右へと退場しています。ただし、シェークスピアの時代には舞台上に「(上に位置する)二階」が使われるようになっており(ロミオとジュリエットのバルコニーのシーンなんか誰でも脳裏に浮かぶのではないのでしょうか)、つまり、舞台上に(容易に上下が推定しやすい)次元が新たに一つ付け加えられており、その影響が「上座と下座」に及んでいるだろうことも想像できます。

 また、「男雛と女雛」「(結婚式における)男と女」は、明治時代に西洋に合わせて左右反転させたという説が一般的です。日本語の横書き時の書き順が「右から左」から「左から右」に切り替わり、同じように(日本語以外の)他の対象物でも、そんなことがおきた、というわけです。その切り替わりの余波が、まだ私たちに混乱を及ぼしている、と考えてみるのも面白いと思います。



■Powered by yagm.net