hirax.net::Keywords::「電動自転車」のブログ



2009-02-06[n年前へ]

電動 A-bike が欲しい。…ニセモノだけど。  share on Tumblr 

 A-bike Plus は、マイコン「シンクレア ZX81」の開発者シンクレア卿が作り上げた直径6インチ(15cm)の極小径タイヤの自転車だ。10秒もあれば折り畳むことができて、67cm×16cm×30cmの本当にコンパクトなサイズになる。重さは5.7kgだ。そのデザインは、本当に美しい。下に貼り付けた動画(音が出ます)を見れば、そのかっこよさに見とれる人も多いと思う。




 もちろん、そのニセモノ(たとえばA-SCOOTER8インチタイヤ版 )が大量に作られ、ホンモノは見たことはない割に、バッタもん屋にはニセモノが格安で溢れ・売られていたのを見た覚えがある。

 今日、ふと下の写真のような電動 A-bike(ニセ)を見つけた。そのギミックさと、奇妙な不似合い感が最高で、少し欲しくなってしまった。

 ちなみに、スペックはこんな具合だ。このスペックだけ見れば、実に悪くない。しかも、値段は調査中だけれども、多分そんなに高くない。残るのは品質問題だけである。…もちろん、それがボトルネックになるのだが、やはりこのギミックてんこ盛り自転車は欲しくなってしまう。

  • 車輪直径:8インチ
  • 本体重量:12.5 kg
  • 積載重量:80kg
  • 最高速度: 25km
  • 航続距離: 20km
  • バッテリー: 24V×10Ah (リチウムバッテリー)
  • パワー: 250W
  • 電源:110V-240V

電動 A-bike






2010-11-12[n年前へ]

本家A-bikeも8インチタイヤ採用(電動版も発表)  share on Tumblr 

 元祖 A-bike から"A-bike City"が発売されました(重量6.5kg)。この三代目のA-bikeは、8インチ空気タイヤを採用しています。6インチ版の"A-bike plus"は製造中止となって、8インチタイヤを採用した"A-bike City"へと全面的に移行(商品切り替え)していくようです。ちなみに、お値段は299ポンドですから、およそ4万円ほどになります。(Yahoo!オークションでも出品されているようですね)

 以前買った8インチ空気タイヤ版A-bike風自転車が、純正品A-bikeよりも(安さを実現しつつ)さまざまな部分で改善がされていて、遥かに"良い移動道具"になっていると感じていました。A-bikeが継続して商品を製造・販売していこうとするならば、8インチタイヤを採用するというのは当然の選択に思えます。

 また、電動A-bike(AE-bike)も発表さています。この電動A-bike、AE-bikeも8インチタイヤのようで、重量は6.3kgと記載されています(!?)。ちなみに、こちらのお値段は399ポンドですから5万4千円程度です。

 電動のAE-bikeも面白そうですが、すぐに発売されるかどうかはあやしそうな気がします。まずは、8インチタイヤに切り替えた本家A-bikeに触り、そして、少し乗ってみたいものです。

2014-04-28[n年前へ]

A-bike型の電動自転車(10インチの空気入りタイプの重さ9.8kg)  share on Tumblr 

 A-bike型の電動自転車で。タイヤは10インチの空気入りタイプ。重さは9.8kgで、充電すると40kmの走行が可能。
 1個単位からサンプル販売可能ということなので…これは問い合わせをして買ってみたくなるかも(日本では公道を走れないのが難点か)。



■Powered by yagm.net