hirax.net::Keywords::「Escher」のブログ



2007-12-25[n年前へ]

JUN FUJIKI'S WEORKSHOP  share on Tumblr 

 JUN FUJIKI'S WEORKSHOP

2016-01-17[n年前へ]

エッシャーが作り出した3次元球体彫刻を「全天周投影」して眺めてみたい!?  share on Tumblr 

 不思議な幾何学的世界を描いたオランダの画家エッシャーは、現実に触ることができる立体物つまり3次元体のアートも作り出しています。1940〜1950年代にエッシャーが作った3次元球体彫刻を眺めていると、なぜだか「あまり面白くない」と感じました。

 その理由を考えると、3次元球体を眺めても、そのごく一部しか見通すことができないためではないか?と感じました。球体の表面に「空間を規則正しく埋め尽くす模様」が描かれていたとしても、部分的にしか「見えない」ために、2次元平面に描いた作品で感じるような「空間が不思議に意味を持った模様で埋め尽くされている」という印象を、ほとんど受けないのです。だから、今ひとつ面白く無い…と感じてしまうのではないか?と感じたのです。

 空間表面を規則正しく充填する作品は、手に持てるような物体として表現するのではなく、自分を360度の全方向から包み込む(プラネタリウムのような)全天周画像として投影し、その世界の中に入り周囲4πステララジアンの空間全てが不思議な模様で連続的に埋め尽くされている風景を眺めた方が面白いような気がします。

 「プラネタリウムドームに投影するエッシャーの世界」の上映会…眺めてみたいと感じる人・やってみたい!と思う人たちが少なからずいるのではないか?と想像してみたりします。

エッシャーが作り出した3次元球体彫刻を「全天周投影」して眺めてみたい!?エッシャーが作り出した3次元球体彫刻を「全天周投影」して眺めてみたい!?エッシャーが作り出した3次元球体彫刻を「全天周投影」して眺めてみたい!?エッシャーが作り出した3次元球体彫刻を「全天周投影」して眺めてみたい!?








■Powered by yagm.net