hirax.net::Keywords::「送電線」のブログ



2006-01-25[n年前へ]

裾野  share on Tumblr 

Title 昼休みの箱根側の山。一月の終わりにしては、寒くない。目の前に立っている鉄塔に繋がれた送電線の先を眺めると、箱根の山の先まで続いている。箱根の山にはかすかに白い雪が残っていて、青い空には白い雲も浮いている。
 携帯電話の液晶ごしに眺めた「今日見た景色」

2011-06-03[n年前へ]

シンデレラ城から送電線沿いに福島第一原発に行ってみる  share on Tumblr 

 発電所から私たちが暮らす町まで、送電線を伝って電気が運ばれてきます。道沿いにある電柱や、その先の青空に浮かぶ電線群を眺めているうちに、送電線を伝い遙か遠くにあるはずの発電所まで行ってみたくなりました。

 東京近くにある夢の国、千葉県浦安市舞浜1-1(夢の国にも住所があるのが、夢をなくした現代風なのです)に行き、その夢の国中央に立つシンデレラ城から送電線沿いに発電所までGoogle Mapで旅しててみることにしました。…目指す発電所は、福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22番地、福島第一原発です。

 シンデレラ城から「新豊洲線」すなわち新京葉変電所と豊洲変電所を結ぶ送電線を追いかけて、さらに新京葉変電所と新古河変電所を結ぶ「新京葉線」を伝って北上し…新福島変電所を経て福島第一原子力発電所に辿り着くまでの動画が下に貼り付けたものです。

 「送電線」や「送電線を支える鉄塔」が好きです。電気という名前が付けられた「膨大なパワー」を、山を越えて・谷を越え、遙か遠くの町に住む人たちに運んでいくために立つ彼らの姿を、空を背景に眺めることが大好きでした。

 東京近くの海沿いにある夢の国から北に向かうと、同じく海沿いにある発電所まで辿り着きます。そこには、今どんな名前の「夢」があるのだろう、と考えます。今、あの送電線にはどんなパワーが一体どんな風に流れているんだろうか、あるいは、流れていないのだろうか…と考えます。

シンデレラ城から送電線沿いに福島第一原発に行ってみる








■Powered by yagm.net