hirax.net::Keywords::「学問」のブログ



2009-03-26[n年前へ]

学生はムダに打ち込む姿がいちばん、美しい。  share on Tumblr 

 京都大学の時計台下の喫茶室で見た、万城目学が色紙に書いた言葉から。

学生はムダに打ち込む姿が
いちばん、美しい。

万城目 学

2010-01-14[n年前へ]

「技術」+「学問」=「科学技術」  share on Tumblr 

 森下伸也の「逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか (光文社新書) 」を読んだ時に、手帳にメモした言葉。

 「技術(テクネー)+学問(ロゴス)」が、科学技術(テクノロジー)である。

2010-12-29[n年前へ]

人の会話の上で成り立つ「学問」  share on Tumblr 

 「NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか—天才数学者の光と影 」中の、小島定吉のウィリアム・サーストンに対する言葉。

 優れた定理を証明し続けることが必ずしも数学の発展につながらず、むしろ数学者のやる気をそいでしまうこともある、と知ったことは、博士が「数学は、人の会話の上で成り立つ学問だ」と考えるひとつのきっかけになったのかもしれません。
 さらに、ウィリアム・サーストン自身の言葉。
 自分の研究の進め方に二つの問題点があると反省しました。(ひとつは)自分の理論のバックグラウンドを丁寧に説明せず、いわばわかる人にだけわかれば良い、という書き方に陥っていたのです。もうひとつは、周囲が「答え」を期待しているのだと勘違いしていたことです。だがそうではなかった。皆が求めていたのは答えではなく、どうやって考えたかという過程だったのです。



■Powered by yagm.net