hirax.net::Keywords::「LOMO」のブログ



2007-05-27[n年前へ]

「画像処理ジェネレータ・サービス」を使ったサイド・バー  share on Tumblr 

 こういった画像加工をすることができるジェネレータを作る・使うことができるのが、「画像処理ジェネレータ・サービス」を作り出すサービス"Imagenerator"です。この Imagenerator にサイド・バーで貼り付けて使うことができるためのタグを出力する機能を追加しました。Imageneratorが出力する「各ジェネレータのページ()」の下部に、サイドバー用のタグを出力するようになっています。そのタグを、サイド・バー部分に貼り付ければ、下のようなジェネレータ・モジュールを貼り付けることができます。もちろん、下の例のように、普通の記事部分に貼り付けることもできます。

 なお、画像は小さく表示されますが、実際には長辺が400ピクセルの画像になっています。そのため、画像部分を「右クリック」して画像を保存すれば、大きな画像を自分の手元に残すこともできます。

2007-06-14[n年前へ]

画像加工サービスで作られた処理サンプル  share on Tumblr 

 「画像処理ジェネレータ・サービス」を作り出すサービス、ケータイで撮った写真で簡単に画像加工をすることができるサービス、"Imagenerator"を使ったサンプル集です。

2013-10-09[n年前へ]

赤外線カメラでトランプ透視術!?  share on Tumblr 

 100円ショ)ップに「ジャンボトランプ」と「黒い巾着袋」が置いてあったので、(撮影波長が900nmくらいの赤外線カメラを使ってトランプ透視術をしてみました。

 (可視光しか見ることができない)自分の目で眺めれば、トランプは真っ黒な袋の中に隠されて、何のカードが入っているのか全然わかりません。

 けれど、赤外線カメラで眺めれば、真っ黒いはずの・けれど透明な巾着袋の中には、クローバのキングが一番上になっている…という風にわかるというわけです。

 可視光と近赤外線で同時撮影することができたなら、たとえば、RGB(可視光)画像とIR(赤外)画像を適度な比率で合成することができるような「透視術カメラ」を作ってみたくなります。つまり、私たちが眺める色も保ちつつ・自由自在にモノを透かして見ることができるカメラが欲しくなります。

 Lomography の アクションサンプラー みたいに、たとえば4つのレンズが並んでいて(ベイヤーマトリクスの1/4がIRという作りでもいいですが)R+G+B+IR を同時撮影できるカメラ!なんてモノがあったなら…思わず欲しくなりませんか?

赤外線カメラでトランプ透視術!?赤外線カメラでトランプ透視術!?








■Powered by yagm.net