hirax.net::Keywords::「コダック」のブログ



1998-11-17[n年前へ]

スクリーンセーバーを作ろう。  share on Tumblr 

FilmStrip

(1998.11.17)

 今回はスクリーンセーバーを作りたい。 指定ディレクトリに画像ファイルを入れておけば、それらの画像ファイルを自動再生するスクリーンセーバーである。ただ再生するだけではつまらないので、35mmのポジフィルム風に再生するものにした。フィルムはコダック コダクロームである。独特の濁った色会いが、好きなのだ。

 プログラムの土台にはC++BuilderのCDに付属のスクリーンセーバーのサンプルを使用している。

 今回のテスト版は192x128のランドスケープのKodak PhotoCDの小サイズを基本としている。つまり、35mmフィルムのランドスケープの縦横比である。その他のサイズの画像でも自動的にフィッティングするようにはしてあるが、縦横比が合っていないと、変な風になってしまうから注意が必要である。また、今回はwindowsBitmapファイルにしか対応していないが、いずれ、任意の画像ファイルに対応させる予定である。

 まずは、以下をダウンロードし、filmstrip.lzhを解凍したFilmStrip.scrをシステムディレクトリ(通常、Windows95,98であればWindowsディレクトリの下)に入れ、「サンプル画像ファイル(Image.lzh)」を解凍したものを、C:\のすぐ下に置く。あとは、これでスクリーンセーバーが使えるようになる。とはいっても、WindowsNT4.0でしか動作確認はしていない。

左が実行中の画面、右がその拡大図。実行時にはフィルムが次々と進んでいく。

 設定画面はこのようになる。現在は「撮影間隔」のスピード調整しかできないが、いずれ「モノクロ変換」、「セピア変換」、「ソフトフォーカス」などの画像処理もかけてみたい。モノクロにする時にはフィルムはもちろんネオパンプレストだ。

左が画面のプロパティでFilStripを選択したところ、右がFilmStripの設定画面

 フィルムストリップ形式にすると、映画を連想する人も多いかもしれない。今日は、淀川長治の映画解説の最後の日である。

1998-11-18[n年前へ]

スクリーンセーバー用の画像ファイルを作ろう。  share on Tumblr 

Canon in HongKong 1998

 以前、作成した「FilmStrip」用の「画像ファイル集」を作った。テーマは- Canon in Hongkong 1998 - である。何故、Canonかというと深い意味はない。

 ダウンロード 「FilmStrip」用の「画像ファイル集」- Canon in Hongkong 1998 - (Copyright Jun Hirabayashi)

 上からダウンロードしたファイルを解凍し、できた"bmp"ディレクトリを"C:\image"ディレクトリの下に置く。つまり、"C:\image\bmp"という形になる。そうすると、「FilmStrip」から使えるようになる。今回のテーマを使うと、実行中の画面は下の図のようになる。

今回の画像ファイル集を使った時の「スクリーンセーバー - FilmStrip- 」 実行中の画面

 このように、テーマを統一した画像ファイル集を使うのが、「FilmStrip」の作者としてのお勧めである。今回の画像の共通点と言えば、

  • Canon
  • 原色
である。なお、撮影には全て富士写真フィルムのデジタルカメラ FinePix700を使用している。FinePix700は画質はなかなかいいが、起動時間が長いので、スナップカメラとしてはまず使えないと思う。
 今回のテーマの色合いは35mmリバーサルであれば、エクタクロームかベルビアといった所だろう。FinePix700のようなフィルム会社が出しているデジタルカメラの色特性(色再現性ではない)には非常に興味がある。コピー機メーカーと(オリジナルとしての)フィルムメーカーが出すデジタルカメラの色特性はもしかしたら違う傾向にあるかもしれない。コダックの出すフィルムが黄色(会社のイメージカラー)を強調し、富士写真フィルムのフィルムが緑(会社のイメージカラー)を強調していた、というのは本当かどうかはしらないが有名な話だ。そのような意図的な色特性があれば、それは個性として面白い。しかし、コピー機メーカーにはそのようなオリジナリティな発想はないかもしれない。いつか、それについても考えてみたい。

画像ファイルの一覧
NOW PRINTING

2009-06-23[n年前へ]

さよなら、「僕のコダクローム」  share on Tumblr 

 大学に入学した夏、友人の部屋で何日か過ごした。何日か目の朝、徹夜明けの朝、二人で散歩していると、古いカメラが捨てられているのを見つけた。そこで拾ったカメラは、CANON FTbというものだった。金属の重さを感じさせ、いかにも「道具」という雰囲気を持つそのカメラに惹かれ、いつしかぼくは写真を撮ることを趣味にするようになった。

 白黒写真は、ネオパンフィルムを使い、大学の研究室にあった暗室でいつも現像・焼き付けをしていた。カラー写真は、ポジフィルムのコダクロームを使うことが多かった(ベルビアも使うこともあったけれど)。独特の濁った色が、景色を眺める複雑な色合いの気持ちを写しだすように思われて、それが好きでぼくはいつも使ってた。好きな街を、好きな空を、好きな人たちを、いつでもぼくはコダクロームとネオパンで撮った。

 「米Kodak、コダクロームフィルムの販売を終了」という記事を読んだ。僕はコダクロームが好きだった。けれど、もう20年近く使っていない。だから、販売終了というニュースを聞いても、ただ頷(うなづく)くしかない。けれど、ぼくはコダクロームが好きだった。

 ぼくのiPodには、Paul Simonの「僕のコダクローム」が入っている。彼が「鮮やかな色を、夏の緑を写しだすコダクロームを僕からとりあげないで」と歌う声を、今でも、ぼくは電車の中で聞いている。コダクロームで撮った夏の景色、夕暮れの空の下を歩く誰か、夜に花火を持つ君、国分寺のライブハウスで歌う人、コダクロームで撮った色々な景色を思い出す。

Kodachrome
They give us those nice bright colors
They give us the greens of summers
Makes you think all the world's a sunny day,
I got a Nikon camera
I love to take a photograph
So mama don't take my Kodachrome away

 また一つ、ぼくの好きだったものが消えていく。思わず、ぼくも、ポール・サイモンのように、"So mama don't take my Kodachrome away"と呟いてしまう。



■Powered by yagm.net