hirax.net::Keywords::「浜辺」のブログ



2007-11-18[n年前へ]

風が強い日  share on Tumblr 

 同じような景色や似たような景色、同じようなことや似たようなこと、そんなことを眺め・読み返すことができるように、記事に付けられたタグの重複度から関連する記事を5つほど見つけ、表示する機能を付けました。

何百回眺めても、海の近くで眺める青い空はとても綺麗だ。もうすぐ日が暮れる時間に現れる深い青とゴールドの空も、日が落ちる瞬間の赤い風景も、日が沈んだ後の藍色の空もどれも本当に綺麗だ。
 「景色」とは「直接には関わりの無い、余裕の有る傍観者の立場からする言葉」だと新明解は言う。けれど、そうじゃないような気も少しする。よくわからないけれど、そう思う。

川縁ウィンドサーフィン海辺海辺海辺






2007-11-24[n年前へ]

海辺  share on Tumblr 

 上半身はウィンドブレーカーで、下半身はショートパンツでも、風を気持ち良く感じるくらい暖かい。そんな、晩秋の海辺。n年前の景色を見ながら、こんな文章を思い出す。

 さて、大正の末から昭和二十年代まで活躍した木版画家に川瀬巴水という人がある。

 巴水のもっとも得意としたものは、暗く清澄な景色で、とりわけて夕焼けの風景を描いたものに、誰が見ても傑作という作物が集中している。

 彼の夕暮れには、独特の寂しさが横溢していて、どこか人恋しい感じも漂っている。画中小さく描かれる人物はたいて後ろ向きで黙然と遠くを眺めてい、私どもはその画中の人物となって等しく日本の寂しい夕景を眺めつくす。

林 望「夕映えの渚にて」トランヴェール 2007,11

海辺海辺海辺海辺海辺海辺海辺








■Powered by yagm.net