hirax.net::Keywords::「美人化」のブログ



2009-12-17[n年前へ]

NEWS今昔物語 「女性の魅力」編 (初出2005年3月24日)  share on Tumblr 

5年前のNEWS(未来)を振り返ってみて思うこと

 この時、2度と救急車には乗りたくないと書いた。しかし、今年の夏も車に轢かれ、救急車に乗った。やはり、その時に道の上で見上げていた夕焼けはとても綺麗なのが印象的だった。

 また、私も「美人の微分方程式」や「帰ってきた「美人フィルタ」で眉毛処理 編」と似たような、ワンデー アキュビュー ディファインや瞳を大きくする美人化処理は今では日常生活に溶け込み、当たり前の商品・技術になっている。

(記事を書いた時の)ひとこと

 先日、インフルエンザをこじらせてしまい、初めて患者として救急車に乗った。あんな経験は二度としたくないが、救急車から担架で担ぎ出された瞬間に見上げた青空は、とても綺麗で美しく忘れられない。

解き明かされた「バラの香りの秘密」で「女性は魅力的な顔」になる!?

 2月24日、曽田香料は「バラの香り」の鍵となる成分を発見したと発表した。「花の中の花」のバラ特有の「ゴージャスで、瑞々しく広がる香り」はこれまで秘密のベールに覆われていたという。しかし、今回の研究結果により、バラの香りの秘密もようやく解き明かされ、その技術を応用した香水が今春にも発売されるという。

 そういえば、去年10月には、バラの香り(ローズ香気)を嗅いでいると、男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストラジオール)のバランスが適正化され、女性の表情が(男性から見て)魅力的になる、というカネボウと奈良教育大学の福井一助教授による研究も報告されている。ホルモンバランスと男性を手玉にとってみたい女性であれば、このバラの香りの香水は要チェックかもしれない。

女性の「肌年齢の5年毎の大ジャンプ」と「28才の曲がり角」

 3月10日、結果を発表した。その">調査結果(PDF)を眺めてみると、「肌の変化(老化)を感じた年齢」などは25・28・30・35・40・45・50に明らかなピークがあることがわかる。「女性の肌年齢」は5年毎の大ジャンプがあって、しかも「28才に曲がり角」があるらしい?

 (末尾が5や0の)切りが良い年齢で老化を感じる人が多い(そんな数字は書きやすいし)のは、納得できるような気もするが、28才というのは一体なぜなんだろう? と思ったら、今年の1月にも「お肌の曲がり角」の実感年齢は27.5才だ、という調査結果を報告していた(詳細PDF:http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/news/pdf/050113.pdf">)。何でも、女性にとってはストレスや生活スタイルの変化が28歳前後が一番激しい、ということらしい。なるほど、それは確かに(お肌にとっても)大変そうだ。 …だけど、28才なんて、まだまだとても若いと思ったりもするんだけれども。

「裁判で訴えられた巨大シリコンバスト」が「競売で1万7千ドル!!」

 2月末から競売のeBayに出品されていた豊胸用のシリコンパックが、一週間後に1万7千ドルで落札された。なんと日本円にして180万円近くのスゴイ値段である…!? もちろん、これはただの使い古しの豊胸パックではなくて、1998年に男性から「(その巨乳で顔を叩かれたせいで)むち打ち症になってしまった」と裁判で訴えられたこともあるという伝説の「巨大シリコンバスト(の陰の立役者)」だという。

 Tawny Peaksさんの胸に埋め込まれていたシリコンパックは一個あたりの重さが900gほどだというが、…それは確かに「凶器」と言えるかも。

「美人になるコンタクトレンズ」発売

 2月24日、ジョンソン・エンド・ジョンソンが黒目をくっきり大きく見せるコンタクトレンズ ワンデー アキュビュー ディファインを発売開始した。このコンタクトレンズは、縁部分に黒い(ウソっこ)黒目が描かれていて、コンタクトを装着した途端に黒目がちの瞳美人に大変身してしまう、という。確かに、通常のコンタクトレンズを装着した場合と比べると、このコンタクトを付けていると確かに美人に見えるようだ(化粧をする女性なら、きっと美人の秘密は">黒目の大きさとまつげの濃さがにあるというのは、常識なのだろう)。普段コンタクトレンズをつけている女性(男性も?)なら、試しにこんな美人コンタクトで黒目がち美女(美男子)に変身してみるのも面白いかも。

2010-01-29[n年前へ]

本当の私はもっと「キレイ」!?  (初出:2005年09月01日)  share on Tumblr 

 「心の中が見える装置」ではありませんが、普通は見ることができないものを、実際に自分の目で眺めてみるというのは、とても面白いものです。

 「人が一番見ることができないもの」とは、一体どんなものでしょう?・・・もしかしたら、「人が一番見ることができないもの」の一つが、「他人が眺める自分の顔」かもしれません。

 自分が眺める「心の中の自分の顔」と、他人が実際に眺めた「客観的な自分の顔」は結構違うことが多い、と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

 デジカメで撮影された自分の顔を眺めて、「本当の自分の顔はこんなじゃないのに…私は写真写りが悪いの?」なんて考えたことがある人もいるのと思います。

 つまりは、「鏡の中」に自分が見る(思いこむ)「自分の顔」と、他の人が見る「自分の顔」はきっと結構違うものなのではないでしょうか。逆に言えば、「自分が見る(思いこむ)自分の顔」というものは、他人は見ることができないわけです。

 そういえば、人の顔写真を「何が何でも美人にしてしまう」美人フィルタというものを作ったことがあります。どんな顔でも?「お目々パッチリの美人顔」にしてしまうソフトです。

 顔写真を撮って「撮影した顔」と「美人化した顔」を見せられたら、人は「美人化した顔」の方が「本当の自分の素顔」だと、主張する・思うのではないだろうかと、ソフトを作った時にふと考えました。

 他人=周りの人は当然のことながら、「撮影した(誰かの)そのままの顔」を「本当の顔」だと思うことでしょう。けれど、その一方で、撮影された本人からすれば、「撮影した顔」では、「本当の顔をちょっとブサイク化」したものに思えてしまうのではないか、と予想したのです。「美人化した顔」の方こそ「本当の自分」だと感じているのではないか、などと妄想したのです。

 「人が一番見えないものは、自分自身だ」といいます。美人かした写真・そのままの写真・ブサイク化した写真、・・・そのうちの一体どれを、人は自分自身だと思うのでしょうか?

2011-02-19[n年前へ]

美人を作るための画像処理講座  share on Tumblr 

画像処理美人がサムネイル画像で不自然に見えるワケ

 瞳を大きくクッキリと見せると美人に見えます。だから、女性のお化粧でもアイラインを濃い色で描くことで目をクッキリと見せますし、瞳を大きくして美人になれるというコンタクトレンズだってあります。最近では、「美人化フィルタ」が搭載されたデジタルカメラも普通になりました。良く言えば「写真写りがいい」、悪く言えば「実物と写真が全然違うじゃねーか!」という写真のワナ・恐怖の落とし穴が巷にあふれています。

 しかし、そんな美人(あるいはそういった画像レタッチ)も画像を縮小したサムネイル画像で眺めると、一目瞭然で不自然さがわかる、というウワサがあります。大きな画像で眺めても画像加工の跡に気づきづらいのに、小さなサムネイル画像を見ればなぜか顔をいじっていることが一目でわかる、というのです。つまり、いわゆる「韓国エステ式レタッチと画像縮小によるレタッチ跡強調の謎」です。

 それにしても、画像検索のサムネールの羅列だとなおさらレタッチがよくわかるのは、なんでなんでしょうねえ。(中略) だれか(理系のひとに、ちゃんと合理的な説明で)、この韓国エステ式レタッチと縮小によるレタッチ跡強調の謎を解いてほしい。

Chamekanの日記

 「サムネイル画像でのレタッチ跡強調の謎」を引き起こしそうな容疑者をまず挙げてみると、
1. 画像のサムネイル作成で「エッジ強調処理」がされることで「過度なアイライン強調効果が生じる」
2.視力の視野依存性により、サムネイル画像では(大きな画像の場合には認識できない)顔全体を確認できてしまい、顔造形の不自然さが認識されてしまう

といったところでしょうか。

 画像のサムネイルを作成する場合、画像を小さくすると内容の判別がしづらくなるので、視認性向上のために画像に対してエッジ強調(画像の輪郭成分を強調する)をかけることが多いものです。しかし、「瞳をクッキリ見せる」美人化処理が自体がそもそも「瞳・目の輪郭を強調する」というエッジ強調処理ですから、処理の二重掛けにより過度なアイライン強調効果が生じる「不具合」が発生してしまう可能性が高いわけです。それはつまり、サムネイル画像を眺めた時に、「何か不自然だなぁ」という風に感じてしまう確率が高くなります。

 そして、もうひとつが「視力の視野依存性により、サムネイル画像では(大きな画像の場合には認識できない)顔全体を確認できてしまい、顔造形の不自然さが認識されてしまう」という要因です。人の視覚というのは、網膜中心では解像力が高いですが、そこから(角度にして)数度離れるだけで十分の一以下にまで低くなってしまいます。視野の中心では視力1.1であっても、中心から10度離れてしまえば視力は0.1以下になります。網膜にある光を感じる錐体の密度が高いのは、視角中心から2度程度までの領域だけなのです。

 つまり、大きな画像を眺める時には、眺めている箇所はクッキリ見えていても、それ以外の箇所はボンヤリとしか見えていない、というわけです。

 サムネイル画像の場合、(ディスプレイの解像度やディスプレイをどの程度の距離から眺めるかによりますが)だいたい顔の大きさは1cm弱になります。この場合、視力が1.1の人であれば、顔全域を視力0.8以上で眺めているような状態になります。つまり、「画像レタッチで描かれた過大な瞳・目」をクッキリ・シャッキリと認識してしまうわけです。当然、それを人は「この顔、どーみても不自然ちゅーか、ヘンちゃうか?」と感じてしまうことになります。

 その一方、(たとえば顔の大きさが3cm程度になるような)もう少し大きな画像を眺めた場合には、顔の周辺部は視力で0.2を切るようなボケ状態で眺めていることになります。すると、ボケた部分を人間の頭は「自然な感じ」に勝手に補完しつつ認識するでしょうから、あまり不自然さを感じない、というわけです(逆に言えば、画像処理的美人をサムネイル画像でも不自然に感じさせないためには、サムネイル画像を生成する際に注視させたい瞳周辺部以外を多少ボケさせる必要がある、という感じでしょうか)。 人は、大きいものを眺める時には、自分が注目する部分とそれ以外の部分を同時に眺めることがないのです。

 大きな画像でも美人に見えることはもちろん・サムネイル画像でも自然な美人に見えた方がいいに決まっています。 というわけで、大きな画像を眺めた時と同じ印象を与えるWEBアプリケーション(or 画像Proxy or 通常アプリケーション)「サムネイル美人」を次回はリリースしてみようと思います。

画像処理美人がサムネイル画像で不自然に見えるワケ画像処理美人がサムネイル画像で不自然に見えるワケ画像処理美人がサムネイル画像で不自然に見えるワケ








■Powered by yagm.net