hirax.net::Keywords::「ページ」のブログ



2007-06-07[n年前へ]

モバイル・プラネタリウム PC版  share on Tumblr 

 携帯電話で眺める星空"Monile Planetarium"を、PC用WEBページとして作り直しました。もとのケータイ版Mobile Planetarium自体もPCから眺めることができますが、せっかくのPC版、もう少し大きな画面表示を行うようにしておきました。

 Mobile Planetarium(for PC)はノートPCの液晶や小さなCRTの画面越しに、見えない星空を眺めてみるためのWEBページです。180ピクセル x 180ピクセルの、あなただけの、小さな小さな天文台です。真上に見える星空、あるいは、星がほんの少ししか見えない空の下で、好きな時間・好きな場所へと移動して、星を眺めてみることができるのが、モバイル・プラネタリウム PC版です。あなたのいる場所を、地球上のさまざまな場所に変え、あなたのいる街を空気の綺麗な高原に変え、あるいは、空気の汚れた大都会に変え、そこから星や星座を眺めることができるWEBページです。

2007-06-16[n年前へ]

頭や瞳をリフレッシュさせる!? イリュージョン・セラピー  share on Tumblr 

 目や頭が疲れた時、ぼうっと眺めているとなぜか不思議にリフレッシュできることができる(かもしれない)Brain-Activation by Illusionというページを作りました。これは、「Scintillating Grid Illusion(きらめき格子錯視)」と呼ばれる錯視画像(c.f. MathWorld)を作成し、表示するページです。もしも、あなたが使っているWEBブラウザーがInternet explorer なら、かすかに音が流れる中を、表示される画像の色がランダムに移り変わっていくことでしょう。そして、その画像の中に変わらず描かれているはずの白い点が、なぜか不思議に色づいて見えるはずです。もしかしたら、その白い点が黒く沈み込んで見えたりすることもあるかもしれません。そんな画像を眺めることで、頭や瞳をリフレッシュさせることができる!?イリュージョン・セラピーのページを webMathematica を使って作成してみました。

2008-04-24[n年前へ]

「困ります、ファインマンさん」と「他人がどう考えるか一体何を気にしてるの?」の違い  share on Tumblr 

 一冊の本の内容を短くまとめると、「あらすじ」になり、本の内容を限りなく短く一言で言えば、それは「タイトル」になる。
 物理学者ファインマンの人生を描いた本というと、「ご冗談でしょう、ファインマンさん」 「困ります、ファインマンさん」が思い浮かぶ。前者「困ります、ファインマンさん」という本の原題は、"What Do You Care What Other People Think?"だ。「他人がどう考えるか一体何を気にしてるの?」というタイトルと、「困ります、ファインマンさん」は何だかずいぶん趣が違う。

 その違いがいつも気になってしょうがない。"What Do You Care What Other People Think?"という本の内容を一節の言葉にしたとき、それが「困ります、ファインマンさん」では、何だかとても違うようにも思う。「困りますねぇ」という言葉と、「他人がどう考えるか一体何を気にしてるの?」という言葉の間には、非常に大きな隔たりがある。言葉の力が持つ向きが180度違うように思う。

 そんな具合で、この「困ります、ファインマンさん」というタイトルは好きではないのだが、そんなつまらない気持ち以上に、この本に描かれている内容は大好きだ。パラパラと楽しみながらページをめくることができるのが「ご冗談でしょう、ファインマンさん」であるならば、一行一行をゆっくり読み進みたくなるのが"What Do You Care What Other People Think?"だ。

 「ご冗談でしょう、ファインマンさん」を思い浮かべて、「困ります、ファインマンさん」というタイトルの本を手に取る人も多いことだろう。けれど、そのタイトルをにアレルギーを感じて「逆に手に取らない人」も多いかもしれない。けれど、そんな人こそ、この原題"What Do You Care What Other People Think?"という言葉を、誰が誰に向かってどんな時に口にしたのかを知るためだけにでも、この本を手にとって見るのも良いと思う。その意外な答えは、きっと、あなたを勇気付けると思う。

"What Do You Care What Other People Think?"



■Powered by yagm.net