hirax.net::Keywords::「折田先生」のブログ



2005-03-05[n年前へ]

今年の折田先生  share on Tumblr 

orita_sense08徒然日記徒然日記 今年も京都大学に折田先生がやってきた。受験生達が大学にやってくるのに時を合わせて、アメリカン・ヒーローのスーパーマンならぬ、Dr.スランプのスッパマンがやってきた。

 「折田彦市先生は、…京大に自由の学風を築くために多大な功績を残した人です」という看板に対し、下記のような大学事務局の対応(その後)も良い感じかも。より、詳しくは偉大なる折田先生・その八を読むべし。

折田先生像の制作者の方へこの素晴らしい芸術的作品をおこの場所に展示しておくことは、盗難もしくは損傷の危険性が考えられますので、(以下省略)

2005-04-01[n年前へ]

レゴや銅像やオッパイの4つのニュース  share on Tumblr 

リクナビNEXT/リクルートの転職サイト 技術者向けの「リクナビNEXT / リクルートの転職サイト Tech総研」で、先週書いた「レゴや銅像やオッパイの4つのニュース」が公開されています。レゴの世界も、折田先生像(ちなみに、仮装を最初にさせたのはこの方ですね)も、凶器のオッパイも…、どれも「科学と技術と男と女」ではないかも…。うぅ。

2006-11-13[n年前へ]

折田先生像が展示中  share on Tumblr 

(ゴルゴ13・すっぱまん・ナウシカ…とさまざまな姿で私たちを魅了した折田先生像が、「一中・三高・京大−2人が学んだ学校」展で展示されている。
京都新聞電子版inside out (hirax.net)リクナビNEXT/リクルートの転職サイト

2008-03-06[n年前へ]

「変わらないもの」と「変わるもの」  share on Tumblr 

 「あの写真を載せるという判断」が理解できない。が、そういう新聞を買い続ける人がいるのもまた確かか。

 僕は偉そうに人に意見する人がすごくイヤなんです。…だから、なんかの主張をがなりたてるよりも、普通の人たちの日常を歌にする方がいいと思うようになった。

 魔夜峰央が長く続くのは、最前列(近く)にいたけれど一番手には一度も立ってないからだよね。一番手を続けていたら、なかなか十年は持たないからね。

 もしかしたら、自己決定の先にあるのは「わたしに構わないで欲しい」ということであり、自己責任の先にあるのは「あなたのことなんか知らない」ということになってしまうからではないだろうか、とか思う。つまり、あなたとわたしの関係性の放棄。

 折田先生像は日独伊三国同盟が結成された年に建立された。そして、イラク軍がクウェートに侵攻したその年に折田先生は初めて「怒る人」に姿を変えた。それからは毎年のように氏は私たちに何かを伝え始めるようになった。米国がイラク侵攻を行った年には、彼はゴルゴ13の姿で何かにライフルを向けた。

 人が何を望み、そして、それを叶えていくには どういった技術が必要なのか。そして、どのようにそれが幸せに繋がっていくのか、そういうことを真面目に考えつつサービス・技術の提供をして行きたいのです。

2009-12-27[n年前へ]

NEWS今昔物語「誰かに伝えるメッセージ」編 (初出2005年03月21日)  share on Tumblr 

5年前のNEWS(未来)を振り返ってみて思うこと

 折田先生像を登場させたあの人は、今はどうしているのだろう、そしてまた、それを手伝ったあの人は・・・と、年が暮れる時期になると、あの時あの頃の色々な人たちは今どうしているだろう?と思いを馳せますね。

(記事を書いた時の)ひとこと

 モンゴル800のアルバム『Message 』に収録されている「あなたに」を聴きながら、あなたに送る「メッセージ」に関わるニュースを選んでみました。

「殻」を破って伝える「メッセージ」

 この季節は、寒くて天気も悪く、殻に閉じこもってしまうような生活をしがちな(私のような)人も多いかもしれない。

 そんな人の役に立ちそうなのが、3月10日に株式会社トミーが発売する「マメデルモンのたまご(日経プレスリリース)」だ。

 なんでも、一見普通の「たまご」なのだが、それを水に浸すと数十分から数時間で殻が自然に割れ、中からおしゃれなメッセージ入りの豆の種子が顔を出し、一ヶ月ほどそのメッセージを楽しめるという。殻を破る「みどり色の豆」を眺めれば、いつの間にか、自然に自分の殻を破ることもできるかもしれない。

今年も、折田先生がやってきた。

 「折田先生像」をご存じだろうか? 「折田彦市先生の像」というのは、かつて京都大学 教養部(現在の総合人間学部)正門近くに存在していた銅像である。

 この「折田先生像」は日独伊三国同盟が結成された年に建立された由緒正しい銅像だったのだが、15年近く前から大学入試の日になると奇妙な仮装をして受験生達を迎え、何かを訴えかけるようになった。銅像が大学当局の手により撤去されてしまった1997年以降でさえも、信じられないことに、何と折田先生は現われ続けているのである。

 というわけで、今年も折田先生はスッパマンに姿を変えてやってきた! しかも、スッパマン折田先生像に対して、「この素晴らしい芸術的作品をこの場所に展示しておくことは、盗難もしくは損傷の危険性が考えられますので、(以下省略)」に始まる大学事務局の対応がこれまた楽しめる。この年中行事はいつまで続くのだろうか?



■Powered by yagm.net