hirax.net::Keywords::「WIKI」のブログ



2009-04-03[n年前へ]

さまざまな企業のSWOT分析を集めたWiki『WikiSWOT』  share on Tumblr 

 さまざまな企業のSWOT分析を集めたWiki『WikiSWOT』

 WikiSWOTではさまざな企業のSWOT分析をWiki形式で掲載している。Wiki形式であるがゆえに誰もが編集でき、すでに多数の有名企業の分析が集められている。
 なお、SWOT分析とは企業の強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)をまとめたもので、企業分析をする際によく用いられているフレームワークである。

2009-09-08[n年前へ]

JSLocalWiki を改造し、綺麗なお気に入りノートを作ってみよう  share on Tumblr 

 自分専用のメモ帳として、JSLocalWikiを使っています。JSLocalWikiは、JavaScriptで書かれたWikiシステムで、ブラウザさえあれば動くのが便利です。そして、他に何もインストールする必要もなく、ただフォルダの中のファイルをダブルクリックするだけで使うことができる、というのがとても楽ちんです。複数人で使うWikiならインストール作業をする気にもなりますが、自分一人で使うなら、フォルダをコピーしてくるだけで使うことができるJSLocalWikiのような簡単小物Wikiはとても良い、と思っています。

 自分専用のWikiとして使っていると、気持ち良く使うことができるように、気に入ったデザインに装わせてみたくなります。そこで、GPLライセンスで公開されているhatenaのスタイルシートを、JSLocalWikiで使うことができるように改造して、自分だけのお気に入りのノートとして使うことにしました。

 「インストール作業をせずに、綺麗なデザインの簡単Wikiを使ってみたい」と思う人は、ひとつJSLocalWikiを使って改造してみてはいかがでしょうか。私が改造して使っているバージョンは、週末にでもサーバから(ファイル一式を)ダウンロードできるようにしておこうと思います。

2009-09-15[n年前へ]

JSLocalWiki でローカルファイル(ディレクトリ)へのリンクを張る  share on Tumblr 

 最近、インストール作業不要で動かすことができるJSLocalWikiを、はてなのスタイルシートを使えるようにした上で使っています。何か作業をするときには、たとえば、自宅サーバの環境設定をする時などは、その作業記録をJSLocalWikiを使って書くようにしています。

 また、その準備過程・作業内容をメモ書きするだけでなく、その作業ディレクトリへのリンクを張っておくようにもしています。こうしておくと、JSLocalWiki自体が(ほとんどのWikiクローンがそうであるように)更新履歴を管理しているので、結局のところ「いつ」「どのディレクトリで」「どんな作業を」「何のために」「どのようにしたか」といった5W1H的なことを記録することができるのです。

 逆に言えば、「いつ」「どのディレクトリで」「どんな作業を」「何のために」「どのようにしたか」といったことを、記録なしでは思い出せなくなってしまうのです。情けない話です。

 JSLocalWikiは、自分が使うどのノートPCでもデスクトップPCでも使えるように、USBメモリに入れてあります。そして、小さく細かな作業、つまりすぐに忘れてしまいそうな作業をする際には、その作業をJSLocalWikiのディレクトリ内に配置した「作業用ディレクトリ」で行うようにし、さらに作業内容を記録する際に、たとえば下のような具合にWikiに書き込みをして、

[[この作業を行ったディレクトリ:root\]]
Wikiからリンクを張っておくようにしています(ここでは、JSLocalWiki内の作業ディレクトリを"root"という名付けています)。こうしておけば、「その作業を行ったディレクトリ」を忘れてしまい、「どこで何をしたか」を忘れずに済むというわけです。

 たとえば、右の画像はFirefoxでローカルファイルにリンクを張り、そのリンクをクリックすることで(ブラウザ内で)ローカルディレクトリを開いた例です。こんな風にJSLocalWikiを使っていると、まるでそれが「USBで持ち歩くことができる道具箱」のような感じがしてきます。

 人それぞれの道具箱があると思います。あなたの道具箱は、どんな道具箱でしょうか。

JSLocalWiki でローカルファイル(ディレクトリ)へのリンクを張ろうJSLocalWiki でローカルファイル(ディレクトリ)へのリンクを張ろうJSLocalWiki でローカルファイル(ディレクトリ)へのリンクを張ろう






2011-03-04[n年前へ]

Mac OSX Firefoxで動く「はてなスタイルシートを使えるJSLocalWiki」  share on Tumblr 

 JavaScriptで書かれたWikiシステム、ブラウザさえあれば(ローカル・コンピュータの上で)何も考えずに動いてくれる"JSLocalWiki"を「はてなスタイルシート」を使うことができるようにしたものを愛用しています。何も難しいことを考える必要もなく、Wiki が入っているフォルダを「コピーして持ち歩く」だけで、どこでもWikiを読み書きすることができるので、とても重宝しています。

 今日は、「はてなスタイルシートを使えるJSLocalWiki」をMac OSXのFirefox上でも動作するようにしてみました(Safariでは動きません)。Windowsマシンでも、OSXが動くMacintoshでも、多分Linuxマシンでも…JSLocalWikiフォルダを持ち歩くだけで、いつでもどこでも、Wikiを使ってメモをとることができるのです。

 作成した「はてなスタイルシートを使えるJSLocalWikiセット」は、JSLocalWiki_0_1_2_h_20110304.zipとして置いておきます。右上の画像が、OS X上のFirefoxで撮ったはてなスタイルシートを使えるJSLocalWikiのスクリーンショットです。

 ちなみに、スタイルシートを変える時には、htmlファイルやhtaファイル中にある、下記の

<link href=”css/hatena/hatena_ryukyu-black/hatena_ryukyu-black.css” type=”text/css” rel=”stylesheet”>
”hatena_ryukyu-black”という部分を、好みのスタイルシートの名前に合わせて書き換えてみて下さい。すると、こんな風に奇麗なデザインのWikiシステムを使うことができるのです。

 USBメモリにでも(システム設定不要の)Wikiデータを入れておけば、いつでもどこでも自分用のメモをとることができる、というのは実に便利です。

Mac OSX Firefoxで動く「はてなスタイルシートを使えるJSLocalWiki」








■Powered by yagm.net