hirax.net::Keywords::「アダルトビデオ」のブログ



2011-02-03[n年前へ]

「未来の3次元AVのモザイク」が満たすべき不等式  share on Tumblr 

 3Dアダルトビデオの「モザイク処理」のナゾ!?で、こう書きました。

 立体動画に単純にモザイクをかけてしまったとしたら、女優や男優の体の真ん中へんに、奇妙に薄っぺらい「平面モザイク」が突き刺さったように見えてしまうように思えます。・・・かといって、モザイクを立体的に見えるような処理をかけたとして、・・・下腹部を不自然極まりない人工的なレゴブロックが覆うような具合になってしまいそうで、それもまた変な映像に見えてしまうような気がします。
 二次元の映像世界でも、「モザイク」というものは不自然極まりないものですが、それが三次元の世界になると、さらに不自然に感じられてしまいそうな気もします。
 この疑問は、「3Dモザイクのシュールリアル性への期待」を読み、解消したのです。なるほど、画面に映し出される実際のものたちの遥か手前に「モザイク平面」が映し出される、ということなのでしょうか。
 (全略)アナグリフ式の3Dエロはいくらか観た。基本的には、(モザイクは)手前に平面式なんだけど、「女優や男優の体の真ん中へん」にはなく、それら全体の手前ですね、だから突き刺さってはないです。

 しかし、そうなれば、さらなる未来の世界のモザイク処理がどうなっているのだろう?と考えてしまいます。未来には「画面を眺める人の動きに合わせて、その人の(各)視点から眺めた画像が映し出される」というのが普通になっているに違いない、と思います。左に少し動けば、少し左から見た映像が見えるだろうし、少し右に動けば、右から眺めた映像を見ることができるようになっているように思えます。

 だとすると、モノリスのように画面の手前に浮かぶモザイク平面が存在したりすれば、そのモザイク平面を見たAVサルたちは、必ずしや左や右に動き、そのモザイクの向こうを眺めようとするに違いないのです。

 逆に言えば、「二次元AVのモザイクが隠す範囲」を必ず隠そうとするならば、未来の多視差保証型三次元AVでは「より広いモザイク」にしてやらなければ、隠さなければならない領域が見えてしまう、というわけです。

 つまり、「3次元AVのモザイクの大きさ≧2次元AVのモザイクの大きさ+多視差により覗くことができる大きさ」という、「未来の3次元AVのモザイク」が満たすべき不等式が存在するに違いないのです。

 「より自然」を追求していくだろう映像技術は、「不自然な存在のモザイク」とどのように折り合いをつけて行くのでしょう? 未来の3次元AVのモザイクは、一体どんな姿をしているのでしょうか?

2013-03-19[n年前へ]

「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」だった!?  share on Tumblr 

 「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」だった!? を書きました。

 「モザイクで隠された読めない文字」を復元・解読する方法!?は「モザイク処理で隠された文章」の話でした。この記事では書きませんでしたが、大人限定のアダルトビデオのモザイク処理で隠されたものを復元できるのか?そっちは一体どうなんだ!という疑問が、頭に浮かぶと思います。
 被写体が形状(見た目)を変えずに、(上下左右方向の往復運動に類似した)動きを、7分4秒間以上ひたすら続けるそんなAVビデオ(コンセプト・男優・女優いずれもが)はありえないのです。

「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」だった!?  share on Tumblr 

アダルトビデオの大人の科学

 「モザイクで隠された読めない文字」を復元・解読する方法!?は「モザイク処理で隠された文章」の話でした。この記事では書きませんでしたが、大人限定のアダルトビデオのモザイク処理で隠されたものを復元できるのか?そっちは一体どうなんだ!という疑問が、頭に浮かぶと思います。

 アダルトビデオのモザイクを復元するためのアプローチはいくつかありますが、今回は「時系列情報=複数枚の画像」にもとづいて、モザイクに隠された映像を推定するやり方について考えてみようと思います。なぜかというと、このアプローチを考えると、基本的だけれど「とても面白いこと」が登場するからです。

 話を単純化するために、こんな例を考えてみます。AV画面の中央に3*3のモザイクがあり、そのモザイクは一辺が10ピクセル四方だとします。さらに、被写体(○×△)は形状(見た目)を変えないまま、(上下左右方向の)何らかの動き(多くの場合、往復運動に類似したもの)をしているものとします。そして、その動きは、(被写体が形状を変えないということから)モザイクに隠されている以外の部分の動きから推定・把握することができる、という状況です*。単純化したとは言っても、この状況は、AVでは比較的一般的と言っても良いシチュエーションでしょう。

 今回の単純化した「AVモザイク消し問題」は、被写体が(上下左右に)移動したさまをモザイク化した複数条件をもとに、連立方程式を組んで、被写体の姿(画素値)求めるという問題です。たとえば、10ピクセル四方のモザイクであれば、被写体に対するモザイクの条件(被写体に対するモザイクの位置対応=位相の対応)は10*10=100種あります(X,Y方向に対して、モザイクと被写体の位置関係はそれぞれ10条件ありうるので、トータル10*10=100条件となります)。

 すると、100個の連立方程式で(この問題では独立なちょうど100個の方程式を得ることができます)、10*10ピクセルのモザイクに隠された合計100画素値を求める問題となり、未知数の数と方程式の数が同じですから、この「AVモザイク消し問題」は解けることになるわけです。

 しかし、「異なる100個="すべての被写体とモザイクの位置関係"」を得る、というのは意外に難しい問題です。何しろ、これは"すべてのカードを手に入れる"というコンプリート問題(コンプガチャ問題)だからです。被写体とモザイクの位置関係は全部で100種あり、その100種をすべて手に入れなければ(そういう条件のモザイク画像のモザイク画素値を知らなければ)ならない(未知数100に対して方程式が不足するから)、という問題になるのです。

  以前、私が調べた結果では、AVの被写体の動きは(ジャンルにもよりますが)およそ(縦・横方向共に)2.5Hz程度です。ただし、その動きはかなり乱雑で、被写体とモザイクの位置(位相)関係は「ほぼランダム」になると予想されます。

 ということは、『ランダムに「被写体とモザイクの位置関係に対応したモザイク画像」を手に入れることができるとき「すべての被写体とモザイクの位置関係」を手に入れる』、という「AVモザイク画像のカードコンプリート(コンプガチャ)問題」こそが、今回の「AVモザイク消し問題」を解くことと等価だということになります。

 このカードコンプリート問題の期待値、つまり、一体「何枚」のモザイク画像を手に入れれば「すべての被写体とモザイクの位置関係に対応したモザイク画像」を手に入れることができると期待されるかは、モザイク画素数をnとすれば、n*( 1/(n) + 1/(n-1) + 1/(n-2) + 1/1)で計算することができます(参考:クーポンカード問題)。


 モザイクの画素数nはモザイクの一辺の画素数をmとすればn=m*mです。ということは、 「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」=「AVモザイク消し問題」を解くには、m^2*( 1/(m^2) + 1/(m^2-1) + 1/(m^2-2) + 1/1)枚の画像が必要になります。

 さて、そろそろ今回の「AVモザイク消し問題」=「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」の恐ろしさが予感されてきたのではないでしょうか?

 もし、一辺が10ピクセル四方のモザイクだと、AV連立方程式をコンプ(すべて手に入れる)するまでには平均519枚の画像が必要になります。モザイクが20ピクセル四方なら平均2628枚必要で、もしも、40ピクセル四方のモザイクなら12729枚の画像が(平均的には)必要になります。12729枚ということは、1秒につき30枚の画像を手に入れることができたとして、時間にすると「7分4秒間」に相当します。

 被写体が形状(見た目)を変えずに、(上下左右方向の往復運動に類似した)動きを、7分4秒間以上ひたすら続けるそんなAVビデオ(コンセプト・男優・女優いずれもが)はありえないのです。マネキン同士が機械的に移動動作をひたすら繰り返す…そんなAVは(多分)ありません。人の体は変形もするし・体力も持たないし…見る側の興味を持たない…というわけで、「AVモザイク消し問題」=「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」は、今回の方法では(誤差がない場合ですら)現実的には解けそうにない…というわけです。


*ノイズ・誤差等が推定に与える影響も非常に重要ですが、今回は考えないことにします。

「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題だった!?「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題だった!? 「AVモザイク消し問題」は「AVモザイク画像のコンプリート(コンプガチャ)問題」だった!?






2013-03-27[n年前へ]

ブラウザ上で動く心拍数センサで「自分の好み」を把握する!?  share on Tumblr 

 スマホを使って脈拍検知をしたり、ノートPC付属のWebCamで「脈拍検出」をしたならば、次にしたくなるのは、当然ブラウザ上での脈拍(心拍数)検知です。そこで、そういったものがあるかどうか、まずは検索してみると、そのものズバリ、リアルタイム脈拍非接触センシングのブラウザ上(HTML5+JavaScript)実装がすでにありました。その実装を(おそらく開発者の方が)動かしているさまを写したのが、下の動画です。ブラウザからWEBカメラをキャプチャして、赤い矩形領域の色変化から脈拍を検知する…というHTML5+JavaScriptなコードです。

 そこで、上記コードに手を入れて「ブラウザ上で心拍数の検知をしつつ・心拍数履歴を保存できる」ようにした上で、画面左に心拍数検知用ブラウザを開き、画面右にはアダルトサイト散策用ブラウザを広げ、心拍数をモニタリングしながら(もちろん100%研究目的で)AV予告編を2本眺めてみました。…その結果が下の折れ線グラフです。

 ジャンル「美少女」を閲覧し始めると心臓がドキドキして心拍数は80ほどになります。そして、さらにジャンル「熟女」のAV予告編を(あくまで研究目的で)見ていると、なぜだかもっと心臓がドキドキし始め…ついには心拍数の正常範囲(上限)の90を超えてしまいました。…つまり、心拍数をもとに定量的に言うならば、私は「美少女」より「熟女」に心(…じゃなかった心臓が)動かされるようです。

 ブラウザ上で動く心拍数センサを使えば、「自分の好み」を把握することができます。…もしかしたら、未来のAVサイトは、ユーザの興奮度合いをWEBカメラ(あるいは他センサ)経由で120%把握して、本人も気づかない「好み」に応じたレコメンド(お勧め)をしたりするのかもしれませんね。

ブラウザ上で動く脈拍センサで「自分の好み」を把握する!?






2014-01-11[n年前へ]

Go Pro製カメラを活用したアダルトビデオが「当たり前の一般的になる日」  share on Tumblr 

 昨年から、Go Pro製カメラを徹底有効活用したAV(アダルトビデオ)シリーズが発売され始めています。今のところは、Go Pro製カメラの小型・超広角という特徴を活用したものですが(つまり近接したものを拡大・強調するという映像効果を特徴にしたものですが)、きっとGo Pro製カメラの特徴のひとつでもある「スーパースローモーション機能」を活用したアダルトなスローモーション映像も(そういう映像が消費者に求められているのかどうかはさておき)きっと登場するに違いありません。

 TVロケの現場などで、GoProカメラや(ArDroneのような)カメラ付きラジコンクアドロプタや高画質デジカメが急速に浸透してきているのを眺めると、アダルトビデオの世界にも、近接170°超広角スローモーション映像や空撮映像を活用した企画モノが沢山登場するに違いない…と思ったりします。



■Powered by yagm.net