hirax.net::Keywords::「PDF」のブログ



2010-01-05[n年前へ]

17年前のプログラム・ミステリの解答編  share on Tumblr 

 PostScriptはプログラミング言語である。あまりにも、当たり前のことだが、それを意識したのは、1993に開催された『第1回国際邪悪なPostScriptコンテスト(1st International Obfuscated PostScript Contest)』でBest Artwork賞を受賞した、PostScriptでRay Tracingを見た時です。このPostScriptコード(PostScript,PDF)は、右上のような”いかにもレイ・トレーシング”画像を描く。この画像を描きだすPostScriptコードは、信じられないかもしれませんが、小さな小さな( 下記の)のプログラミングコードなのです。

%!IOPSC-1993 %%Creator: HAYAKAWA Takashi 
/C/neg/d/mul/R/rlineto/E/exp/H{{cvx def}repeat}def/T/dup/g/gt/r/roll/J/ifelse 8
H/A/copy(z&v4QX&93r9AxYQOZomQalxS2w!!O&vMYa43d6r93rMYvx2dca!D&cjSnjSnjjS3o!v&6A
X&55SAxM1CD7AjYxTTd62rmxCnTdSST0g&12wECST!&!J0g&D1!&xM0!J0g!l&544dC2Ac96ra!m&3A
F&&vGoGSnCT0g&wDmlvGoS8wpn6wpS2wTCpS1Sd7ov7Uk7o4Qkdw!&Mvlx1S7oZES3w!J!J!Q&7185d
Z&lx1CS9d9nE4!k&X&MY7!&1!J!x&jdnjdS3odS!N&mmx1C2wEc!G&150Nx4!n&2o!j&43r!U&0777d
]&2AY2A776ddT4oS3oSnMVC00VV0RRR45E42063rNz&v7UX&UOzF!F!J![&44ETCnVn!a&1CDN!Y&0M
V1c&j2AYdjmMdjjd!o&1r!M){( )T 0 4 3 r put T(/)g{T(9)g{cvn}{cvi}J}{($)g{[}{]}J}J
cvx}forall/moveto/p/floor/w/div/S/add 29 H[{[{]setgray fill}for Y}for showpage
 上記のPSファイルをPDFにしたPDFファイルを開けば、あなたがあなたのコンピュータを使って、PostScriptプログラムを実行させ、その結果をグラフィカルに眺めることができます。あるいは、(内容をテキストファイルとして保存し、拡張子を.psにした)PostScriptファイルをPhotoshopなどのPostScriptコードを解釈できるアプリケーションで開けば、その結果をやはり目に見える形で眺めることになるのです。

 「これがコード(のすべて)です。 PostScriptが好きな人は頑張って解読してください」という、作者の小気味良くも挑戦的なフレーズに刺激され、何度か読解しようとしたことがあります、けれど、いつも時間がただ経つばかりで途中で挫折してしまったように思います。

 今日、「Tiny_RayTracing.ps を読んでみた」を読みました。

 Obfuscated PostScript Contest 1993 の BEST OBFUSCATED ARTWORK で 1 位に選ばれた早川たかし氏の Tiny_RayTracing.ps を読んでみました。
 単純な命令を元の名前に直し、コメントを加えてみました。
 そして、ようやく、上記のPostScriptがどのような動作をしているかを、納得することができたのです。”レイ・トレーシング”と言えば”レイ・トレーシング”だけれども、もしかしたら、”レイ・トレーシング”風といった方が良いかもしれない割り切った実装の仕方・その工程を納得することができました。

 こういったもの、元のPostScriptコード記述や、それを読みとる解説を眺めていると、またしても、アントニオ猪木の「元気ですかーっ! 元気があればーっ!何でもできるーっ!」という言葉が、頭の中でパワープレイされるような心地にさせられます。

十六年前のプログラム・ミステリの解答編






2010-04-02[n年前へ]

PDFのの「機能」「セキュリティ」について  share on Tumblr 

 PDFとはプロブレマティック・ドキュメント・フォーマットの略なのか?

 セキュリティが貧弱であるとして、AdobeのPDF Readerが多くの批判を受けている。しかし、問題は特定のPDFリーダー・ブランドだけのものではない。しかしPDFファイルフォーマットにはおかしなものが幾つかあるのだ。
 PDFはフォームを持つことができる。それは良い。しかし、このようなフォームがわれわれの入力したデータを、ネット上のどこかにあるサーバへ直接サブミットできる機能が、どうして必要なのだろうか?
 But why do we need functionality where such forms can submit the data you input directly to a server somewhere on the net?

 PDFというものを作るときのことを想像すれば、つまり、「(かつての)未来の文章」にあると良いだろう機能を考える立場にいたならば、「フォームに入力したデータを、ネット上のサーバへ直接サブミットできる機能」は入れことは当然とも思える。「どうして」"why"と問うのは、少し不思議だと、私は思う。

2012-11-14[n年前へ]

「iPad miniキーボード実寸PDF」を作ってみた  share on Tumblr 

 iPad miniが欲しいけれど、ソフト・キーボードの大きさが小さくなって果たして実用的に使うことができるかが気になる…というわけでiPad miniキーボードの実寸PDFを作ってみました。このPDFをプリンタで出力すれば(あるいはセブンイレブンでコンビニプリントすれば)、iPad miniのキーボードを打つ感覚を実感することができます。

 紙上にプリントアウトされたキーボードでは、押しても感触を得ることはできませんが、それは本家本元iPad miniのキーーボードだって同じです。だから、このペーパー・キーボードを叩き、あなたの手のサイズで打鍵感覚を確かめてみるのはいかがでしょうか。

iPad miniキーボードの実寸PDFiPad miniキーボードの実寸PDF






2013-04-07[n年前へ]

電子化ドキュメントはマインドマップ(FreeMind)で管理しよう!   share on Tumblr 

 1年くらい前から、ある人の言葉をきっかけにして、本棚に積み重ねた本や、毎日ボールペンで書きとめる手書きノートを、できる限り電子化するようになりました。それは、電子化した方が、それらのドキュメントと(できる限りの)長い時間を一緒に時間を過ごすことができるに違いない・そういう「分水嶺・しきい値」をどうやら超えてしまったようだ…と考えたからです。

 大きな書斎を持つわけでもなく、定住する場所もなく、西へ東へとケセラセラにオロオロ歩く毎日が日常になるとしたら、末永く共に歩くことができる「書籍」は電子化したものでなければならない…と考えたのです。

 電子化すると、「スペース」をとらないがゆえに、二度と眺めることも・使われることもない存在になりかねません。たとえば、書籍を電子化したけれど・手書きノートをスキャンしたけれど、その電子ドキュメントの存在を忘れたままになってしまう…ということはよくある話です。

 そんな時、便利な「知識、忘却防止テクニック」が、マインドマップツールである FreeMind の「ファイルシステムのインポート機能」を使いって、電子化ドキュメントを保存したディレクトリを「マインドマップ」にしてしまうという技です。つまり、コンピュータ上のディレクトリ(枝)構造を、そのままマインドマップにしてしまうというテクニックです。

 たとえば、下に貼り付けた図は、私のiPad miniに入っている電子ドキュメントをマインドマップ化したものです。「親ノード」しか表示していませんが、こんな風に手持ちの本やノートを”マインドマップ”にしてみると、「自分の本棚やノート」の構造や全体像を(大げさに言えば)漏れなく眺めることができるような気がします。

電子化ドキュメントはマインドマップ(FreeMind)で管理しよう!








■Powered by yagm.net