hirax.net::Keywords::「歌詞」のブログ



2010-01-14[n年前へ]

「技術の進歩」と「歌詞の意味」と「10円でゴメンね」  share on Tumblr 

 本棚を整理していると、種ともこのデビューアルバム「いっしょに、ねっ。 」のピアノ譜が出てきた。電話の「ベル」の音がドラム代わりに曲始まりを奏でる「10円でゴメンね」を聴きながら、技術が進歩して文化が変わっていくと、歌詞の意味がわからなくなってしまうものだ、と実感させられた。

勇気出して、ダイヤル回して
受話器とうらはらに、心は繋がらない

 今では、ダイヤルを回す黒電話を使ったことがない人の方が多いだろう。そして、もしかしたら、10円玉を公衆電話に入れて、家の外から電話をかけた経験がない人のほうが多いかもしれない。ケータイを持たない人を見つけることのほうが難しい現在では、電話「線」ってナニ?「アンテナで電波」じゃないの?と思う人も多いことだろう。

10円でゴメンね
ことばが出てこない Telephone line
ピンチのウルトラマンみたいさ
制限時間 Three minutes
 なぜ、10円なのか、それがなぜ、なぜウルトラマンの3分間なのか、首をかしげてしまうのが自然な時代に、今はもうなっているに違いない。(電話の歴史を楽しく眺めるなら、同じ時代、やはり同じ種ともこの「ないしょ Love CallのPV」を観るのも良い)

 下に張り付けた動画は、デビューアルバムの後、何年もしてからリアレンジされたバージョンで、「電話の音」を多用した最初のアレンジとは非常に異なっている。すでに、この頃ですら、時代がアレンジの変化を要求したのだろう。

まさに、「歌は世につれ、世は歌につれ」である。


10円でゴメンね






2010-04-29[n年前へ]

歌詞で眺める「時代の風景」  share on Tumblr 

 Barbee Boysを聴きながら、「負けるもんか」の歌詞が耳に引っかかる。あぁ、ここにも技術の進歩で意味不明になりつつかる歌詞がある。この歌の頃は、硬貨を入れる公衆電話しか(多分)なかった時代だった。

 夜、公園の近くにある公衆電話に10円玉を入れて長電話する、そんな時代があったような気がする。歌詞は世相を映すというけれど、歌詞はその時代の技術や道具も的確に写しこんでいるものだなぁ。

近くまで来てるのよ。泊めてくれる?
いきなりで悪いけど、帰れないの。
ねぇ、いいでしょう?コインが無いわ。
詳しく話すから、着替えでも捜してて。

2010-06-28[n年前へ]

We've got to move on.  share on Tumblr 

 Struggling man / Jimmy Cliff

Struggling man has got to move.
Struggling man no time to lose.
We're a struggling men,
And we've got to move on.

「ダイジョウブですか?」
「ありがとう平気です」
うれしいひとこと、僕にささやく、そよかぜ、
まだ街にある限り、歌うよ。

2010-11-25[n年前へ]

「ブルースを歌う」  share on Tumblr 

Journey Don't Stop Believin'

"Some were born to sing the blues"
 "sing the blues"(ブルースを歌う)は…泣き言を言う、愚痴を言う・弱音を吐くという意味になります。
 そして、「ブルース」という名前を持つ、ブルース・スプリングスティーンが歌う"Born to Run "。
"Where we really want to go and well walk in the sun"
"We're born to run"
走るために生まれてきたんだ。



■Powered by yagm.net