hirax.net::Keywords::「深津絵里」のブログ



1998-12-28[n年前へ]

本歌取 1998  share on Tumblr 

1999年の夏休み

まもなく、1999年だ。1999年というとノストラダムスも有名だが、結構好きな映画に「1999年の夏休み」というものがあった。これを振り出しにして、双六のように考えてみる。

「1999年の夏休み」

 金子修介監督の映画だ。不思議な雰囲気の映画だ。原作は萩尾望都の「トーマの心臓」である。そのまた元を辿ると、同じく萩尾望都の「11月のギムナジウム」に辿り着く。つまり、

萩尾望都「11月のギムナジウム」 -> 萩尾望都「トーマの心臓」 -> 岸田理生(脚本)「1999年の夏休み」となる。-> 金子修介(映画)「1999年の夏休み」

これは、ある本歌に対して、それを翻案したものが連なっているように見える。本歌取が連なった連歌に見える。だから、それぞれ単独で楽しんでもいいが、どのように変わっていったか、などを楽しむのもいい。

「1999年の夏休み」については
「AngelHouse」( http://www2s.biglobe.ne.jp/~sgsc793/index.htm )
「こどものもうそう」( http://www.asahi-net.or.jp/~IH9K-YNMT/ )
などが詳しい。

リンク先はhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~sgsc793/index.htmより
 「1999年の夏休み」では、上の右に写っている、深津絵里が初々しい。
 この中で、薫という登場人物が登場するが、エヴァンゲリオンに出てくるカヲルはこれに影響されているのではないか、という話が先のWEBに出ていた。底が浅いTVに興味はないが、最後の方で登場する人物の名前が「薫」というのは源氏物語の昔に溯る。それは、日本で初めての物語からの伝統なのである。源氏物語の本歌取といっても良いだろう。「薫」という名前を持つ人物を考える際には、源氏物語の「薫」の役割を意識するべきである。最後に物語の全てを背負い、繋げていく役割を背負うのは「薫」なのだ。この本歌取を意識する読み方は、記号論に通じる。
 同じ「薫」が登場するミステリィというと、栗本薫の作品群があるが、特に栗本薫の「猫目石」を読む際には源氏物語の「薫」を意識しなければ意味がないと思う。また、ミステリィ作家で「薫」の名前を持つ人は多い。
  • 北村 薫
  • 栗本 薫
  • 高村 薫
 他にもいたかもしれない。ミステリ作家にこだわらなければ、「赤頭巾ちゃん気をつけて」の作者もそうだ。

 「1999年の夏休み」と同じ金子修介脚本監督の映画として、「毎日が夏休み」がある。こちらは、大島弓子が原作だ。この場合は

大島弓子「毎日が夏休み」 -> 金子修介(脚本)「毎日が夏休み」 -> 金子修介(映画)「1999年の夏休み」

となる。

 次に、深津絵里繋がりで(ハル)に移る。

(ハル)

深津絵里はこの映画にも出ていた。 オープニングの雰囲気は「1999年の夏休み」に似ている。どちらも、映画の重要な要素である画像を(ある意味で)使わず、表現をしているというのがいい。登場人物も非常に少ない。表現は制限をかけてこそいいものができると思う。完全に自由な中にはなかなか良い物ものは生まれない。それは、選択肢が増えすぎると、人は良いものを見つけるのは困難だからかもしれない。
 この映画の内容はパソコン通信関係だ。
リンク先はhttp://www.ntv.co.jp/sinepa/h90708.htmlより

深津絵里の眉毛はまだ太くて良い。

HOME-TOWN EXPRESS

 JR東海のCMというとクリスマスエクスプレスの印象は強いが、第二回目の牧瀬理穂の回しか覚えていない人も多い。しかし、第一回目の深津絵里が演じたHOME-TOWNEXPRESSのクリスマスバージョンが一番良かった。HOME-TOWN EXPRESSはその他にも良いものがたくさんあった。クリスマスエクスプレスになって第二回目の牧瀬理穂の回は、「最後にプレゼントを持って柱の後ろで恋人を待ち、その向うに恋人がいる」ところなど、第一回目の回に対する返歌にも見える。

 JR東海とくると、萩尾望都関連で「半神」の夢の遊眠社のステージをCMに使っていたものもあった。これなども連歌であり、本歌取の繋がったものである。

ブラッドベリ「霧笛」 -> 萩尾望都「霧笛」 + 萩尾望都「半神」 -> 野田秀樹「半神」 -> JR東海「もっと私 CM」

となる。

HOME-TOWN EXPRESS X'mas 1988はもう10年前であることに驚く
HOME-TOWN EXPRESS 1988
帰ってくるはずの恋人がホームに降りてこない。と、思うと柱の向うからプレゼントを持った恋人が現れる。
JR東海「もっと私 CM」
「そんな音をつくってやろう...」

 最近、NODA MAPの「半神」に深津絵里が出る、と聞いた。これで、深津絵里を狂言回しとして、物語は一周したことになる。

そういえば、深津絵里は「虚無への供物」のTVドラマにも出ていた。あのTVを見た人に、原作の「虚無への供物」の面白さがわかるだろうか...

虚無への供物といえば、連歌はこうなる。

中井英夫「虚無への供物」 -> 竹本健二「匣の中の失楽」

というわけで、「匣の中の失楽」を読む前には「虚無への供物」を読まなければならない。「虚無への供物」の中の「どちらが現実で、どちらが架空の世界なのか、誰がわかる?」という訴えを、そのまま展開したのが「匣の中の失楽」である。「匣の中の失楽」に連なるミステリィ物もあるようだが、問題外としておく。

 ここ2,3年は、まるで「虚無への供物」の舞台のような年であったように思う。何が現実で何が架空なのか。

2000-02-21[n年前へ]

「私の心」の円グラフ  share on Tumblr 

私と好みが似てる人 その4

 これまで、「できるかな?」では

というようにHIRAX.NETのアクセスログを解析してきた。私の好みが端的に現れているHIRAX.NETに訪れる人は、「私と好みが似てる人」であると考え、それにより、「私と好みの似てる人」の解析を行ってきたのである。

 前回から半年以上の時間が経ったので、今回も、「私と好みが似てる人」の解析を行ってみたい。今回の着目点は次のようなことである。

 HIRAX.NETで記録されるreffer_logはHIRAX.NETへリンクが貼られているサイトのアドレスが記録されている。例えば、

http://umz.pos.to/Link/info.html -> /index.html
というものであれば、「果テシナク続ク複数ノ零 」(きっと、Think Difficultを読んでいたのだろう。)を読んだ後にHIRAX.NETに訪れた、ということがわかるし、
http://www.hirax.net/index.html -> /dekirukana/moire2/index.html
であれば、HIRAX.NET内の移動であることがわかる。また、
bookmarks -> /index.html
であれば、ブックマークを使うことで、HIRAX.NETへ訪れたことが判るわけである。
 また、実はリンクもブックマークでもなくて、「単に前にただ読んでいただけ(他のWindowで開かれているサイトでリンクが貼られていた場合など)」というものもたまには記録される。

 このようにして、「私と好みが似てる人」達がどんなサイトを読んでいるかがわかるのである。最後に書いたように、reffer_logに記録されるのは、HIRAX.NETへリンクを貼っているサイトだけではないので、訪れる前に読んでいたサイトが(ある程度だであるが)わかるのである。

 前回の、

では「HIRAX.NETへリンクを貼っているWEB作者を探る視点」から眺めた。今回は「私と好みが似てる人達がどんなサイトを読んでいるか」という視点から眺めてみたい。そして、「私と好みが似てる人」=「私」と考えて、私の好みを第三者的に考えてみたいのである。

 話が変わるように思えるかもしれないが、私は「結果が全て」であると考えている(少なくとも、今の瞬間は)。「心の中で思っていて」も、口に出さなければ「思っていない」のと同じである。「掌の中の答え」は掌を開いてみなければわからない。
 だから、他の人が自分に対して抱くイメージとは違う「ホントのオレ」があると主張してもしょうがない、と思うのである。「他の人が自分に対して抱くイメージ」=「ホントのオレ」であると思うのである。もちろん、「他の人が自分に対して抱くイメージ」をどう変えるかは自分次第だ。「掌の中の答え」は自分が決めるのだが、「掌の中の答え」を他の人に見せて、やっと「答え」になるのである。

 話が長くなったが、「自分の好みはこうだ」と自分で言うのもなんなので、第三者的に「自分の好み」を探ってみることにしたのである。その材料はHIRAX.NETを読んでいる方(つまり、あなた)の読んでいるサイトである。これを読んでいるあなた自身がリトマス紙なのである。「私の好み」は「あなた自身の好み」でもあるのだ。

 というわけで、今月前半のreffer_logよりHIRAX.NET外からリンクされた(あるいは移動してきた)、3276アクセスに対して解析を行った。reffer元を私が読んで、大雑把な分類をしてみた。用いた分類は、

  • 読み物
  • 検索
  • コンピュータ
  • 日記
  • 雑情報
  • エロ
  • ニュース
  • 画像
  • 音楽
  • ランキング
  • 科学
  • 深津絵里
  • 製品情報
  • イントラ内サイト
  • 自然
  • 文学
  • ゲーム
である。極めて大雑把な分類だし、私の主観に基づいたものである。自分でも、「読み物・コンピュータ・日記・科学」などは極めて分類が曖昧だと思う。しかし、「てきと〜」に私が決めてみた。
 例えば、
  • 読み物 今日の必ずトクする一言 etc.  
  • コンピュータ お笑いパソコン日誌 etc.
  • 雑情報 Fast & First etc.
と言った感じである。「日記」と「読み物」なんて区別があまりつかなかったのだが、「作者自身」を語る部分が多いものは「日記」と考えた。それでは、結果を示す。それらの分類がどのような割合を占めているかを解析したものだ。言うならば、「私と好みが似てる人」=「私」の好みである。私の心の中における、好みの円グラフである。これを、「私の心の円グラフ」と称することにしたい。
 
私の心の円グラフ

reffer_logのreffer元がHIRAX.NETでない3276アクセスを分類したもの

 なるほど、「読み物(あぁ、なんて大雑把なくくりだ)」が三分の一を占め、以下「情報検索サイト(infoseekなど)」が1/5程を閉めている。そして、コンピュータ情報等だ。なるほど、それが「私の心の中の興味」と言われれば納得するものである。「科学」や「自然」がずいぶんと下位であるのが不思議なところであるが、まぁしょうがない。まぁ、こんなところだろう。

 が、問題は次である。何故か、「エロ」サイトが6位にいるのである。これは、「IO= アイオー」ではない。「エロ = えろ=すけべぇ」である。
 

何故か、「エロサイト」が6位に?

reffer_logのreffer元がHIRAX.NETでない3276アクセスを分類したもの

 これは、困った事態である。私としては、「オレはエロサイトよりニュースサイトの方をよく見るぞ!」と主張したいところである。いや、ホントに。しかし、先ほど

他の人が自分に対して抱くイメージとは違う「ホントのオレ」があると主張してもしょうがない
と書いた所でもあるし、黙って受け入れなければならないだろう。何か、最近「できるかな?ってあれでしょ。ミニスカートの研究をしているスケベサイトでしょ。」と言われてたりするような気がしてしょうがないのだ… それも、また受け入れなければならないのだろうが…少し、悩んでしまう。

 それとも、エロサイトを読んだ後に、心の清涼剤として「できるかな?」を読んでいるのだろうか?なるほど、それならわかる。納得だ。  うん、そういうことで納得しておきたい。

 というわけで、先のグラフがが「私=これを読んでいるあなたの心の円グラフ」である。私の悩み=あなたの悩みでもあるはずだ。あなたの心の中には「エロ」が堂々6位に登場しているハズである。あなたの心はニュースより「すけべぇ」が好きなのだ。がんばれ、「私と好みが似てる人」。せめて、「ニュース」の方が上位に来るようにしてくれ…
 

2004-06-06[n年前へ]

帰ってきた「美人フィルタ」で眉毛処理 編  share on Tumblr 

オマエらまとめて美人にしてやる

 ここで作成したソフトのオンラインバージョンが作成されています。

オマエらまとめて美人にしてやる

 去年、「美人の微分方程式」で美人フィルタというものを作ってみた。「美人フィルタ」というのは、微分方程式を駆使することで、何故か人の顔を勝手に「美人」にしてしまうという画像処理フィルタだった。「勝手に顔を変える」とは言っても、美人の顔にされて文句を言う人は少ないわけで、美人フィルタの評判はなかなかに良かったようである。特に、日頃hirax.netなんかを見に来たりはしそうにない、女性に特に興味を持たれたようだった。hirax.net自体には何の興味持たない女性でさえも、自分の顔を美人にする「美人フィルタ」には興味を持ったわけである。

 しかし、やはり自分の顔のこととなると、女性というのは男性に比べて実に文句が多い細かい所も見逃さない。「美人になったようにも見えるけど、眉毛が太くなってイヤ」とか「太い眉毛も許せないけど、口が太く大きくなるのはもっとサイアク」などと、色々文句を垂れている改善点を指摘してくるのである。確かに、顔の画像に「-微分強調-を用いることで顔の部品を強調する」という美人フィルタは、目を大きくして魅力的な瞳を作り出したりする代わりに、眉毛も太くクッキリとさせ、口も大きくハッキリとさせてしまう。

 しかし、日本人はもともと顔の部品が小さめだから、その程度の強調処理は良いだろうと私は考えていた。それに加えて、仲間由紀恵や深津絵里や古くは松本小雪、つまりは太い眉毛の女性が私は大好きだ。だから、ついつい「いーじゃん、太い眉毛でも」とか、「大きな口が悪かったらオバQや清川虹子はどうするのさ」とか、「オレは太い眉毛が好きなんだけど」と言っていたのだが、そんな負け惜しみに対しては「太い眉毛なんてありえないー」とか、「オバQなんて人間じゃないし」とか「松本小雪とか清川虹子なんて知らないし」、そしてついには「アンタの趣味なんかどうでもいいし」などという罵倒が投げつけられてきたのである。そして、「あのねー、男には判らないだろうけど、眉毛処理とか大変なんだからねー」「美しくなるっていうのは大変なんだからねー」とか、「そんな-画像処理で美人になる-なんて、所詮現実を知らない男の妄想なのよっ」「甘過ぎっ」とまで言われていたのである。

 確かに、私は眉毛抜きの真実は知らない。しかも、そのクセ「画像処理で美人になる」なんて書いたりした。とはいえ、「所詮現実を知らない男の妄想」とまで言われたら、何だかチョビットばかり腹が立つ。確かに、女性の美人になろうとする苦労を私は知らないし、「今時は太い眉毛がありえない」だなんて知らなかった(太い眉毛だってだって、ありえるじゃないの…)。それでも、「甘過ぎっ」と言われたら、何か言い返したくなる。そして、「アンタの趣味なんかどうでもいいし」と言うのもやはり少しナニな感じがする。

 そこで、私は「男の妄想」の恐ろしさを見せつけることにしたのである。単に顔の部品を強調するような「これまでの美人フィルタ」ではなく、目や眉毛や口をそれぞれ別に扱い、魅力的な瞳だけを実現する「新たな美人フィルタ」を作り上げ、「脳内妄想による画像処理」のオソロシサを見せつけてやることにしたのである。太い眉毛には決してならない、「眉毛処理」機能付き「美人フィルタ」を作り、そして文句タラタラの口ウルサイ女性達の顔でさえも「妄想画像処理で超美人にしてやる」「オマエラの顔を絶対文句の付けようがない(オリジナルと違って)美人にしてやる」「オマエらまとめて美人にしてやる」と誓ったのだった。

 そこで、さっそく作ってみた美人フィルタ(アプリケーションのダウンロードはリンク先から)の動作画面が下の左図だ。今度の「美人フィルタ」は、画像処理で顔の中の部品を抽出し、瞳だけを微分強調することで女性の化粧効果をそのままに再現するという優れものである。実際の処理画面を見てみれば、アプリケーションのウィンドウの中に表示されているオリジナル画像(右)に比べて、美人化処理画像は特に眉毛が太くなることもなく魅力的な黒目がちの瞳が得られていることがよく判るだろう。オリジナルの仲間由紀恵だって十分美人なのだが、左の超美人化「仲間由紀恵」は生きている人間とは思えない程の美人になっていることが判るに違いない。

「美人フィルタ」の新旧比較
眉毛が太くならない「新しい美人フィルタ」
(右がオリジナル画像で左が美人化画像)
「古い美人フィルタ」 眉毛も太く口もでかくなる…
(右がオリジナル画像で左が美人化画像)

 それに対して、右の(古いバージョンと同じ計算方法で処理させた)古い「美人化フィルタ」の美人化画像は、確かに魅力的な黒目がちの瞳になってはいるが、それと同時に眉毛も黒々と太くなってしまっている。そして、口もやはり恐ろしいばかりに大きくなってしまっている。確かにこれでは、「オバQ」や「清川虹子」のようになってしまっていて、必ずしも美人とは言えなかったに違いない。これでは、「眉毛が太くなってイヤ」とか「太い眉毛も許せないけど、口が太く大きくなるのはサイアク」と言われてしまうのも、確かにゴモットモだ。

 しかし、そういった数々の文句はもう過去の遺物だ。新しい「美人フィルタ」は、「女性の現実を知らない男の妄想」もしくは「頭の中だけの画像処理」により、とにかく「色んな文句を言う女性達ですら美人にしてしまう」のである。どんな文句を言うヘラズ口を持つ女性でさえも、このソフトは脳内妄想の画像処理でどんな女性をも数段美人にする(オリジナルよりずっと)のである。そのヘラズ口を叩く大口は小さく控えめに抑えたまま、瞳だけを大きく魅力的にするのである。

 そして、調子に乗って、ついつい美人化処理だけでなく、「美白化」と「派手」処理なんかもオマケに付け加えておいた。これで、デジカメ等でも高級な画像ソフトなんか使わずに、まるでプリクラの写真のようなウソくさい写真を作り放題である。芸能人のような照明で白く飛ばしたウソっこ顔写真も撮りまくることができるのだ。

「美白・派手モード」も備えた「美人フィルタ」

 というわけで、一年ぶりに帰ってきた「美人フィルタ」、「脳内妄想による微分画像処理」の効果をご自分の顔で確かめて欲しい、と思う。ぜひとも、自分の顔を美人化しまくり、その顔を目指して化粧をしてもらいたい、と思う。WEBに「顔出し」なんかをするような人であれば、ぜひその「顔出し」は「美人化顔出し」してみると面白いと思う。そして、いつのまにかオリジナルの顔が「ブサイク化」された顔のように感じ始めたら、もうこっちのものだ。「女性の現実を知らない男の妄想」「頭の中だけの画像処理」の魔力を思い知るべきなのである。「男の脳内妄想画像処理」をバカにしては決していけないのである。



■Powered by yagm.net