hirax.net::inside out::2017年05月28日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2017年4月 を読む << 2017年5月 を読む >> 2017年6月 を読む

2017-05-28[n年前へ]

ディープラーニング姿勢推定openposeで「妄撮カメラ iOS版」を作ってみる!?  share on Tumblr 

 ディープラーニングによる姿勢推定openposeで「男子の夢な(衣服の下を透視する)妄撮カメラ」を作ってみよう!?で書いたコードを元にして、画像をhttpでPOSTすると(httpサーバ側で)姿勢推定を行い、画像に写る人の「服の下が透けて見える妄想映像」を自動生成する画像処理を行って、httpクライアントに妄想撮影画像を返すサーバ側コードを書き、さらに(iOS上でPythonを使うことができるようにするPythonistaを使い)iPhone上でカメラ撮影をすると、自動的に妄撮画像を生成するアプリコードを書くことで、手元のiPhoneを「妄撮カメラ」に仕立ててみました。

 試しに、妄撮カメラ(iPhone Pythonista版)を動かしてみたようすが、下に貼り付けた動画です。こういうカメラ、20世紀後半に中2くらいだった男子には需要がありそうな気がするのですが、草食男子化とコンプライアンスという言葉が流行る21世紀の今日この頃には、全く需要も無い気がする今日この頃です。

 ちなみに、今や一人一台持ち歩くスマホでなく、現代の化石たるコンパクトデジカメを(メーカ・機種問わず)全て妄撮カメラしてしまう無線LAN SDカードPQI Air内部で動くRubyコードも書いてみたのですが、なぜか思ったように動かなくて悩んでいます。

 何はともあれ、勢いで書いたサーバ側コードとPythonistaコードは、中2男子以外の誰の役に立つことも120%無い気がしますが、明日にでもダウンロードできるようにしておこうと思います。


 機械学習/ディープラーニングによる姿勢推定アルゴリズム/コードのopenposeを使った「妄撮カメラ」について、 サーバ/クライアントPythonコードをダウンロード可能にして、iOS用ネイティブアプリ作成方法も書いて起きました。( 機械学習による姿勢推定openposeで「妄撮カメラ iOS版(ネイティブアプリ)」を作ってみる!?