hirax.net::inside out::2017年06月10日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2017年5月 を読む << 2017年6月 を読む >> 2017年7月 を読む

2017-06-10[n年前へ]

「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話  share on Tumblr 

 『「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話』を書きました。よく、新暦と旧暦の違いから、お祭りの開催時期が本来の時期より1月ズレる問題を考えることがあります。そんな旧暦・新暦変更の歴史的な経緯が、素晴らしく(経済ロジックとして)わかりやすい…という話。

年末近くの11月、まさかの「来年からは、全然違うカレンダー使うことにしました!」という明治政府の発表は、来年の暦(カレンダー)を作成真っ最中の業者など、大混乱を引き起こしたといいます。…「さまざまなことへの影響が大きい暦の変更を、なんでイキナリ急いでやるの?」と思ったアナタは鋭い!聞けば納得の理由があるのですが、それが明らかになるのはもう少し先。

「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話