hirax.net::inside out::06月10日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2018年5月 を読む << 2018年6月 を読む >> 2018年7月 を読む

2000-06-10[n年前へ]

やけに長い一日。 

天気は最高。いくら歩いても苦にならないぞっ、と。

2001-06-10[n年前へ]

MPEG2とシンデレラ 

 朝からビデオをがりがり作成。この日はまだDVでいくか、MPEG2でいくか決めかねてた。MPEG4は画質的にNG。夜はKさんの発表の推敲をしてた。深夜、前に買った長い差し棒を探し回るが見当たらない。しょうがないから、短いのを持参することに。時々、しみじみ話したりしながら、シンデレラが帰る頃に帰宅。

2002-06-10[n年前へ]

交差点 

 早朝、下丸子から、千鳥町へ歩いていく途中に見た景色。(リンク

鳥居 

 千鳥町から、池上へ歩いていく途中。(リンク

紫の花 

 池上町から、千鳥町へ歩いていく途中。(リンク

woh woh 

 新幹線の中では、たいていShinkansen Music Channelを聴く。JR東海とJR西日本管轄のこだまで放送内容は違うが、今日はJR東海。で、今日はCh.3 Artist Collection 小田和正 自己ベストを聴く。(リンク)(リンク

2003-06-10[n年前へ]

多数派が正しい世界 

 自分をさておき言うのだけれど、技術者の人って「多数派が正しい世界」を理解し難かったりするのだろうか、とふと考えた。「無断リンクを禁止だなんて…」「インターネットにつながっている限りは公道みたいな…」「本来これはこういうものだ…」etc.
 技術が広まっていくに従って、技術だけの世界からそうじゃない世界に変わっていくのだから、あまり「技術の論理」を振りかざすとそれは単に老人のたわごと(それは論理的に正しいのかもしれないけれど)に響いてしまような気もしたりして。

誰かの落書き 

 ここに残しておくのでwikiの方は消しておきますね。

はてなダイアリで語句解析 

 も同時にするために、サンプルデータとして過去の日記本文も格納しています。なので、キーワード何処かに検索用に書いておくと役に立つかも。

アナタのココロの中にだけ 

 音楽が素敵なFLAH。適当に名付けてしまえば、アナタのココロの中にだけ。これは結構有名な「視覚特性を使った面白い画像」ですね。ココロの綺麗な人には何かが見えるというわけですけれど、もちろん誰でも見えます。もちろん、誰でもココロが綺麗なわけですね。

「QUALIA」ブランドの高級コンパクトデジカメ 

 まるでPentax Auto 110みたいでとても欲しくなる「QUALIA」ブランドの高級コンパクトデジカメ。が、価格は380,000円にビックリなのだ。

2004-06-10[n年前へ]

ツツジとキノコ? 

ツツジとキノコ?ツツジとキノコ?






2005-06-10[n年前へ]

品川 

 コクヨホールへ。「電子写真の光沢と形状」というアリガチな煙幕を張りつつ、「強引に電子ペーパーまで繋いだ未来」にたどり着けたかどうかは、…怪しいところです。とはいえ、良くも悪くも他の人にはやれない(単に「やらない」ともいう)タイプの報告ができたのなら良いな、と思っています。そして、それが何かしら楽しんでもらえたのであれば嬉しい限りです。

 というわけで、一番右の画像中の*は

*As tilt detection and image display software, VR-Display (provided by hirax.net) is used.
という注意文です。ラストから4枚目にあたる「As “HANDHELD PRINTS” System」と題したスライドの一部ですね。

 ちなみに、ついでに会場で見せた立体ディスプレイを見ながら、「俺は下から(スカートの中を)覗きたいな」と言っていたのはR社のI氏。ロゲルギストの今井功(=I2)氏の御子息です(あっ、イニシャルで隠した意味がない…)。草葉の陰で泣いているんじゃないでしょうか、お父上が…。

品川品川品川






一眼レフ用超小型蛇腹レンズ 

 「レンズ一枚が蛇腹で繋がっているだけ」のLensbaby 2.0.
Lensbabies >>> camera lenses that create a movable 'sweet spot' area of focusLensBabyレンズベービー入口 New York Watch: Lensbaby 2.0ダメダス.NET: レンズベビー -LensBaby-

2008-06-10[n年前へ]

「他人の気分推定機」と「カルマンフィルタ」 

 よくある制御工学の教科書がわかりにくい大きな理由は2つあると思う。まずひとつ目の理由は、読者としての私の理解力が低く、頭が悪いという根本的な問題である。そして、もうひとつの理由は、すでに綺麗に証明された問題を、その綺麗な数式の記述・順番で説明していく、という本が多いことにあると思う。その綺麗な証明にいたるまでの試行錯誤の説明がないと、「そういった数式をなぜ導出するに至ったか」といったことや、「その数式を使って、本来(さらにその先)何がしたいのか」ということがわかりにくくなってしまうと思う。ひとことで言うと、エレガントな証明とわかりやすい説明は違う。少なくとも、私のようなおばかな人間にとっては、そう思う。

 制御理論の教科書で、何だか読み飛ばしたくなる「状態量オブザーバ」「カルマンフィルタ」なども、それを例えるなら、単に「他人の気分推定機」に過ぎない。一見難しそうな言葉を使って書いてある数式も、そこに書かれている内容を例えていくなら「"直接知ることができない"他人の気分をいかに正しく安定して推定するか、というフィードバック機構」に過ぎない

 「他人の気分・他人の心の中」というものは、(少なくとも現在の技術では)外からは計り知ることができない。そこで、「この人はこんなことを考えているのかな?」と想像(推定)しながら話をしてみる。ところが、「その人の顔色や話す言葉からは、何だか”その人の気分”が私たちの想像とは違う」という感じがする。……それなら、「この人は”もう少し気分が悪い”と考えておいた方が良さそうだ」とか、その逆に「この人は想像していたより”少し気分が良い”らしい」と想像上の「他人の気分・他人の心の中」をちょっと訂正するのが「オブザーバ」である。

 そして、その人が結構ウソをつきがちだったりした場合の「他人の気分・他人の心の中推定機」が、カルマン・フィルタだ。「この人はこんなことを言っているけれど、(こういったジャンルの話では)この人は言うことと・心の中とこの人は違うことが多いから、ちょっと言葉を聞き流し気味に捉えておいた方が良さそうだ」といったことを考えつつ、「他人の気分・他人の心の中の推定量」を(より正しそうな)フィードバック補正をするのがカルマン・フィルタである。

 それだけのことなのだけれど、教科書の数式の羅列を追いかけている最中には、そういう景色が見えてこないことが多いように思う。そんな不満足の解決をするためには、「歴史の教科書のように試行錯誤の過程に満ち溢れた、決して”エレンガントな証明本”でないような教科書」をどこかで手に入れて読んでみるしかないのだろうか。……それとも、根本的な一番目の原因「読者としての私の理解力が低く、頭が悪い」ということを直すことしか解決策はないのだろうか。

2009-06-10[n年前へ]

「退色した本」の色を復活させる技術 

 ブックオフいわく、「表紙が退色している本は売れない」という。確かに、赤など退色しやすい色が消え、ほとんど黄色くなってしまった表紙の本は、確かに安っぽく見えてしまう。逆に言えば、タダ同然、つまり、売りものには見えないように感じてしまう。退色によって本に書かれている言葉・文章が消えてしなうわけではないのに、なぜか内容まで色あせてしまったような気さえする。

 「退色した本の色を復活させる技術」というのがあったら、面白そうだ。色あせた本に魔法のスプレーを吹き付けると、まるで新刊そのままの色鮮やかな本に早変わりし、タダ同然に思えた本が、いきなり1000円くらいの新刊の価値を持つ(ように感じる)という新技術を作ってみたいものだ。そんな魔法の道具があれば、ブックオフの古書買い取り基準も変わるかもしれない。

 もっとも、神田の古本屋街の「あの古臭さ」が良い、という人にとっては、「むしろ内容が良い技術」ということになるのかもしれないが。

2010-06-10[n年前へ]

3D AVS Player用アナグリフ・ビュアーを作ろう 

 「3D AVS Player+YouTubeでお手軽三次元可視化をしてみよう」の続きとして、今日は、3D AVS Player"で視差画像を左右表示させているWindowを、アナグリフ(赤青メガネ)表示で時々刻々と眺めることができるようなソフトを作ってみることにしました。そのソフトウェアの動作画面が下になります。動作の仕組みはとても単純で、「選んだウィンドーの左半分と右半分を視差画像であるとして、アナグリフ用画像として合成したものをWindowに(20msに一回の割合で繰り返し)表示する」というだけのものです。

 ところで、良く見ると、上の動作画面ではAVS Playerでなく、ペイントのWindowに対して処理を行っていることがわかります。これは、OpenGLをハードウェア・レンダリングされると、Window描画内容を取得する方法が(私にはわからないのに)AVS Playerはステレオ表示しようとするとOpenGLレンダリングが必須となっていて、私のノートPCではOpenGLのレンダリングをソフトウェアで行うように切り替えることが(スイッチひとつで簡単に、という具合には)できなかったからです。

この問題に対しては…明日にでも対応してみることにしましょうか。これから作るソフトウェアは、ひとまずここに置いておいていくことにします。スタートボタンを押した後、(3秒以内に)任意のウィンドウをアクティブにしてやれば、そのウィンドウの描画内容に対してアナグリフ化を行います。

3D AVS Player用アナグリフ・ビュアーを作ろう3D AVS Player用アナグリフ・ビュアーを作ろう3D AVS Player用アナグリフ・ビュアーを作ろう






2011-06-10[n年前へ]

ペーパーレス時代の「ラブレター」 

 ペーパーレスという言葉が声高にうたわれるようになったのはずいぶん昔です。

 かつて月曜日の山手線に乗れば、週刊ジャンプを広げ読む人たちばかりだったような気がします。けれど、最近はそういう人はあまり見かけず、手に持ったケータイをみつめる人ばかり、になりました。

 ペーパーレスが謳われる時代、恋を告白するラブレターは一体どんな姿をしているのでしょうか。…そもそも、ラブレターというものが、今も生き残っているものなのでしょうか?

読んでもらえるだろうか?
手紙を書こう、あなたに。
あなたに、ラブレター。

THE BLUE HEARTS "LOVE LETTER"

 中学生の頃、恋心を伝えるラブレターを書きました。相手の手間を楽にしようと、往復はがきに「つきあってください」と書き、返送用はがき部分に「はい・いいえ」と書きました。「選択肢」に○をつけ、返送用はがきを切り取って、郵便ポストに返送用はがきを投函するだけで済むので、相手が切手や封筒や便箋を用意するといった手間をかけることもなく、それはとても便利に違いない、と考えたのです。シンプル・イズ・ベストの心です。

 ラブレターを郵便ポストに投函してから数日後、「いいえ」に○がつけられた返送用はがきが帰ってきました。それが、私が一度だけ書いたことがある(恋心を初めて告白する最初の手紙という意味での)ラブレターへの返事です。シンプル・イズ・ベスト…だったかどうかはわかりませんが、答えはとてもシンプルでした。

 今の時代、ペーパーレスという言葉を聞く時代、「好き」という心を初めて伝えるラブレターというものは、一体どんな姿をしているのだろう?と首を捻ります。ペーパーレス時代の「ラブレター」は一体どんなものなのでしょうか?

2013-06-10[n年前へ]

「目の色が違っても、眺める世界は同じ」は本当か!? 

 アジア人(黄色人種)の瞳は茶色を強く帯びていて、コーカソイド(いわゆる白色人種)は色差の大小に依存して茶〜灰〜青といった色になります。そんな「目の色が違う人」たちが見ている世界の色や明るさは、果たして同じなのか…それとも違うか?という議論があります。

 そんな時、よく言われる「答え」は「目の色が違うといっても、それは瞳中央の「瞳孔」の色が違うわけではなくて(瞳孔はほぼ透明で)、その周囲にある虹彩(あるいは周辺組織を含んだぶどう膜)の色が違うだけだから、見えている明るさや色は同じだよ!というものです。…この「答え」は「目の色≠瞳孔の色」という(ミステリーの種明かしのような)意外性があるがゆえに「納得感」「落ち」を与えます。

 しかし、その一方で、たとえば「私たちがほぼ瞳孔を通して眺めるにしても、虹彩を透過して瞳中に入ってくる光もあるよね?その光の影響は果たして無視できるものなの?」というツッコミがされたりします。…そこで、今日は「目の色が違っても」と「眺める世界は同じ」は本当か!?ということについて(日常生活にもとづくアプローチで)考えてみることにします。

 虹彩の厚みはおよそ0.5ミリメートル程度です。これはシャーペンの芯直径と同じくらいの厚みですが、(同じ”肉”で例えると)しゃぶしゃぶ・すき焼き肉の1/3〜1/4くらいの厚みです。そこで、しゃぶしゃぶ・すき焼き肉の光透過具合を思い浮かべてみると、結構向こう側の光が透けて見える気がします(参考:右写真)。…そこで約2ミリメートル弱の(滅多に口に出来ない…涙)しゃぶしゃぶ・すき焼き肉の透過具合を基準にして、0.5ミリメートルの虹彩が(メラニン色差が少なかった場合)仮に約0.1%程度の光が透過するものとしてみます。

 光が強い眩しい条件下では、瞳孔の直径は約2mmほどになります。一方、虹彩の直径は12mm 程度です。すると、瞳孔部分と虹彩部分に当たる光量比は(面積に比例するものとして)は π(2/2)^2とπ(12/2)^2-π(2/2)^2となりますから、約3:110となります。つまり、虹彩部分に当たる光量は、瞳孔部分に当たる光を基準にすると35倍程度になります。

 瞳孔部分が光を100%素通しにして、0.5ミリメートル厚の虹彩が0.1パーセントの光を透過してしまうとすると、「虹彩部分に当たる光量は、瞳孔部分に当たる光を基準にすると35倍程度」ということは「瞳孔を通る光量を基準にすると3.5パーセントの光が(瞳孔でなく)虹彩から目の中に入ってくる」という計算になります。…これは、決して無視できる大きさではないような気もします。

 「虹彩の色が違っても、眺める色は変わらない」と言われる一方で、「メラニン色素が不足するアルビノの人々は虹彩で眼球入光量の調節ができずに眩しさを感じる(羞明)」と言われたり「(灰色や青色といった)虹彩の色が薄い人は虹彩が褐色の人より”明るい”と感じやすい」と言われたりもします。

 「目の色が違ってもと「眺める世界は同じ」は果たして本当なのでしょうか!? …このナゾ、あなたならどう考えますか?

2017-06-10[n年前へ]

「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話 

 『「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話』を書きました。よく、新暦と旧暦の違いから、お祭りの開催時期が本来の時期より1月ズレる問題を考えることがあります。そんな旧暦・新暦変更の歴史的な経緯が、素晴らしく(経済ロジックとして)わかりやすい…という話。

年末近くの11月、まさかの「来年からは、全然違うカレンダー使うことにしました!」という明治政府の発表は、来年の暦(カレンダー)を作成真っ最中の業者など、大混乱を引き起こしたといいます。…「さまざまなことへの影響が大きい暦の変更を、なんでイキナリ急いでやるの?」と思ったアナタは鋭い!聞けば納得の理由があるのですが、それが明らかになるのはもう少し先。

「今と昔の暦がイキナリ1ヶ月ズレたのは給料1ヶ月分カットが目的」という驚き納得する話