hirax.net::inside out::2017年08月01日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2017年7月 を読む << 2017年8月 を読む >> 2017年9月 を読む

2017-08-01[n年前へ]

300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?  share on Tumblr 

 先日、「3000円くらいの立体顕微鏡」を作ってみました。けれど、3000円ではまだ高い!というわけで、そのさらに10分の1のお小遣いでも買える「300円くらいの立体顕微鏡」を作ってみました。

 「やったこと」をひとことで言うと、300円ほどで買ったスマホ用レンズを使って、スマホからの特殊撮影をすることで、300円のレンズ+スマホを立体顕微鏡に仕立ててみました。

 たとえば、下に貼り付けたのは、深圳の油画村(大芬油画村)で買った「油絵」の表面を撮影してみたものです。油絵具材の盛り上がりのようすが見てとれます。こんなようすが、300円程度のレンズとスマホを使って撮影できるのは、結構面白いのではないでしょうか。

 下に貼り付けたテスト撮影を眺めると「千円札のインク盛り上がり」くらいなら撮影できそうな感じです。

 この後は、レーウェンフック系の単レンズ顕微鏡用のボールレンズや「水滴「など、各種安レンズを使ったテスト撮影を行った上で、来週には、コストはさらに10分の1・解像度はさらに10倍くらいの世界を目指してみたいと思います。 10ミクロンオーダーくらいの面内&高さ精度の立体顕微鏡を、100円玉一個くらいで実現するのが来週の目標です。…そして、今年2017年の夏休みの終わり頃には、それを誰でも使えるようにしてみたいと思います(と、日記には書いておこう)。

300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?300円くらいで「高性能な立体顕微鏡」を作ってみよう!?